鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:鬼娘

昨日、日曜日の面会のときのことでございます。このところ、部屋の引き戸を閉めずにいます。母の部屋の冷房は、弱で効いていますが、アタクシにはちっとばかり暑い。そこで、引き戸を開けておくとユニット全体の冷気が入ってきて、ちょうどよくなるからです。それと、結構、 ...

母の施設(特別養護老人ホーム)では、個々にリハビリもあります。その他に、週に4日、集団リハビリがあります。4日間、母をリハビリに連れ出すとなると、ほぼ毎日面会することになります。で、集団リハビリには、週に2日、連れ出しています。折り紙が出来なくなり、塗り絵も ...

昨日はお盆の送り火の日。我が家は、迎え火も送り火もしないけれども、母はいつも、迎えるときは、ちらし寿司を、送るときはお蕎麦をお供えてしていました。もう、生活パターンも変わってきてしまったし、第一に、料理が苦手なアタクシには、おちらしなんぞは作れませんもの ...

あらっ、アナタ、いいところに来たわ!アタクシは、母のその一言を聞くと、思わず、身構えてしまうのです。何故なら、その次に出てくる言葉は、決まって迎えに来てくれたね。とか、アタシは、いつでも支度出来るから。という、帰りたいコール。矢のように飛んでくる、母の言 ...
| 鬼娘

世間様は、お盆休暇なんだそうで。お盆と言えば、我が家はカトリックだけれども、お仏壇を清掃し、生花を入れ、果物とお菓子を供えました。入りにはご飯を炊いて供え、送りは蕎麦を茹で、供える、これは、母がやってきたものです。認知症を発症してからは、全く出来なくなっ ...

このページのトップヘ