鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:鬼娘

先週土曜日に、横浜に用事で来た知人と会い、その帰りに横浜そごうに寄りました。久々の横浜駅での下車。じゃあ、今夜は、地下の食料品売り場にあったすし萬の小鯛寿司でも買ってと思いました。ときは、21日。笹屋伊織の売り場では、毎月3日間だけ売る、どら焼きがありました ...

母のユニットに居る6匹のワンコ達。ユニットの入り口を開けると盛大なお出迎えをしてくれるます。6匹のうち、とてもシャイなキャバリエのナナちゃんまで、この頃、やっと、頭を撫でさせてくれるようになりました。或る日の面会のときのことでございます。その日は、白内障の ...

さて、皆様、宴もたけなわではございますがぁとか、さぁ、帰ろう!!など、午後5時、リハビリの終了時間になると、一階のホールに集まっている入所者さん達に声をかける作業療養士さんのYさん。その場を明るく賑やかにしてくれることは、さすがはプロだと存じます。リハビリ ...

最近、母の施設(特別養護老人ホーム)に入所されたミック君のお母さん。関節リウマチで、手足に不自由さはあるものの、クリア(認知症ではないこと)な方。表情はあるし、会話も出来るため、外見からは認知症だと思われない母。ミック君のお母さんには、母がいないところで ...

このところのアタクシは、気分が優れません。燃え尽き症候群(バーンアウト)の状態とは、このような憂鬱な気分に陥ることでしょうか。何もする気が起きず、母の施設(特別養護老人ホーム)への面会も、「行きたくない」気分なのです。「行きたくない」気分は、母を老健( 介 ...
| 鬼娘

このページのトップヘ