鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:高齢者

今日は、母の面会の前に横浜で用事があり、横須賀中央駅のバス停でバスを待っていました。横須賀市民になってからのアタクシは、バスを使うことが多くなっています。母の施設(特別養護老人ホーム)へ行くのも、京急の横須賀中央駅へ行くのもバス。隣のバス停に三崎口行きの ...

1月28日から来週2月17日まで、母の施設は、面会謝絶。よって、毎週火曜日にある一階ホールでの喫茶店のボランティアもお休みになりました。面会謝絶になる前の火曜日に、アタクシと同じ、家族としてボランティアをしている方と、話をする機会がありました。母のユニットのお ...

逗子に住むクラスメイトは、実家とご主人のご両親を看取りました。ご実家は関西なので、直接の介護はなし。直接の介護は、ご主人のご両親。大変だったのは、お姑様。認知症から始まり、徘徊、最後は要介護度5の寝たきりで在宅介護。話しを聞いていると、三人のお子さん達も ...

母の認知症進行度は、カメの速度のような、緩やかであると思います。そもそも、このブログを始めたきっかけは、あの、認知症初期の妄想に囚われた母への気持ちを何とかしたかった、ストレス解消でした。同じような悩みを持つ方々から、コメントを頂くようになりました。症状 ...

在宅介護の頃、認知症でありながら、デイやショートへ着ていく洋服で、着たくないもの、好みのものは、はっきりしておりました。もう、捨ててしまいましたが、薄いグレーのカーディガンでしたが、前立て部分に金糸の編み込みがあるのを、「派手だから。」と、着るの嫌がりま ...

このページのトップヘ