苛立ってはいけない、優しくと思いつつも、また、言うのかと語気がだんだん強くなっていくのを感じました。膝がねえ、痛いのよ。痛いよね、偽痛風という病気やから。なんで、こんなに痛いの?なんでって、さっきも言うたやんか。アタシ、なんで、こんな思いをしなきゃなんな ...