鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:面会

今日、いつものように母の施設(特別養護老人ホーム)の介護犬、文福の散歩を済ませ、母の部屋へ。まあ!、アナタ、来てくれたのね!これもまた、いつもの母の第一声。母にミルミルを渡して飲んでもらう。アタクシはその間に、洗濯してきた衣類を引き出しに入れ、籠にある衣 ...

ふと、考えてしまいました。施設(特別養護老人ホーム)にいる母との面会時間は、アタクシがスムーズに帰ることが出来るように計算します。夕食は午後5時過ぎ。スタッフさん達は、10名いる入所者のうち、寝たきりの3名を残して、5時少し前から順次、部屋からリビングへ移動さ ...
| 鬼娘

あら、アナタ、いいところに来てくれたわ。アタシ、朝から何も食べていないのよ。この頃の母の第一声は、何も食べていない、お腹が空いたということが多くなりました。ユニットのリビングには一週間のメニューが壁に貼ってありますので、見て母に申しました。朝は鰯の甘露煮 ...

まぁ!、アナタ来てくれたのね!これが、毎度の母の第一声。昨年の9月に転倒して右膝を強打した母。それまでは、昼食後からおやつまでお昼寝のため、ベットで横になっていました。お昼寝以外の時間は、老人ホームにありがちなリビングでずっと座っている、という状態にいまし ...

アタシ、木偶の坊になっちゃたこの頃、母が言うようになりました。今日は、午前中に面会に行き、いつものように洗濯をしてきた衣類を片付けていました。更に、どうせ、母は地上波しか見ないだろうと、それ用のアンテナケーブルを付けてありました。「家族になろうよ」を見る ...

このページのトップヘ