鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護3。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:認知症

夜中に転倒し、偽痛風となった母。約1ヶ月間、ベットで安静状態でした。偽痛風とは、偽痛風という病気になった母 をお読み下さい。この頃、やっと痛みが最小限になったのですが、立ち上がるまでには至りません。食事はリビングで頂くものの、昼間の殆どは、部屋で一人で過ご ...

逗子に住むクラスメイトは、実家とご主人のご両親を看取りました。ご実家は関西なので、直接の介護はなし。直接の介護は、ご主人のご両親。大変だったのは、お姑様。認知症から始まり、徘徊、最後は要介護度5の寝たきりで在宅介護。話しを聞いていると、三人のお子さん達も ...

昨日は、中高のクラス会がございました。逗子に住むクラスメイトがいますので、彼女と待ち合わせて横須賀線で東京へ。その道々のことです。アタクシは、昨年からずっと気になっていたことがありました。昨年の夏の初めに、母が原因不明の熱を出し、なかなか、下がらず、下が ...

「食べられなくなったら」母にも、こういう事態は、起こるものと思っています。まぁ、なんて美味しいの!おっかさん、ほんまに、そう思てんのん?今は、施設(特別養護老人ホーム)で提供される食事は、完食している母です。以前、誤嚥性肺炎を患った母は、食事を拒否したこ ...

母の認知症進行度は、カメの速度のような、緩やかであると思います。そもそも、このブログを始めたきっかけは、あの、認知症初期の妄想に囚われた母への気持ちを何とかしたかった、ストレス解消でした。同じような悩みを持つ方々から、コメントを頂くようになりました。症状 ...

このページのトップヘ