鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護3。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:記憶

母の施設(特別養護老人ホーム)では、毎週、火曜日に喫茶店と称して、1階のホールを使い、入所者さんに紅茶、コーヒーをお出しています。ヤクルト、パン、お菓子、業者の方々が来て売ってもいます。そこで、ボランティアの空きがあると聞き、どうせ、午後3時半には、母の面 ...

アナタ、どこに住んでいるの?日曜日の今日は、リハビリもなく、ユニットの母の部屋に行き、話をしておりました。このところの母の気になることは、アタクシがどこに住んでいるのかということ。ここと同じ横須賀市で、衣笠というところや。衣笠?、京都の?そういえば、以前 ...

母の施設(特別養護老人ホーム)に面会に行ったとき、リビングのテレビが愛媛県松山の道後温泉の紹介をしていました。ちょうど、母はおやつを頂いていましたので、隣に座って、道後温泉のことを話してみました。道後温泉と言えば、Y子伯母様がうちに遊びに来られたときに、パ ...

今日のお昼はとっても美味しいわ!昼食時に母の施設に到着すると、フロアには大きな声が響いていました。他の入所者の方は、静かに食べておられますが、母は、食事中、何回でも美味しいを連発します。これはおべっかを使っているのだろうか?と思ってしまうのです。或る日、 ...

お正月飾りの一夜飾りはよくない、さらに、29日は“九”が苦しみに通じるという理由で、本来は、28日までに飾り終えるのがベスト。母は認知症になる前は、こういうことには、うるさい人でした。で、特養(特別養護老人ホーム)の母の部屋のテーブルクロス等々、入所以来使って ...

このページのトップヘ