鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:症状

母の認知症症状の進行状況は、カメの速度。発症から一気に進む方も多く、あっけなく、あの世に逝かれる方もいらっしゃいますが・・・。在宅介護中にあった尿失禁も施設(特別養護老人ホーム)に入所して以来、全くなくなりました。発熱したり、転倒で膝を強打したり、自力で ...

母がお世話になっている施設(特別養護老人ホーム)の猫がいるユニットでは、入所者を募集しています。入所者の殆どは、こちらでターミナルケアを受けているようです。母のユニットでも、最近、寝たきりだったお爺さんが亡くなりました。母が入所してからも同じユニットから3 ...

毎週火曜日午後1時から母の施設(特別養護老人ホーム)では、一階のホールを喫茶店と称して、希望する入所者さんにコーヒーなど飲み物を提供しています。そのときは、外部からも菓子屋、パン屋など出店をしていますので、入所者ばかりでなく、職員の方々も買い物されていま ...

このページのトップヘ