鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護3。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:理解出来ない

約1ヶ月、夜間の転倒で右膝を強打し、診断が偽痛風とつきました。膝の痛みで立ち上がることが出来ないのと、安静もまた、治療の一つで、部屋のベットで寝たきりでした。慌てて、テレビを購入し、ベットに居ながら見ることが出来るようにしました。最初は、付けっぱなしをしな ...

なんで、アタシ、ここに居るの?身体の具合が悪くなると、「帰りたい」と申しません。先日、ユニットリーダーさんから母の発熱したときの状態の報告を受けました。確かに帰りたいとはおっしゃいませんが、何でここに居るのかわからないとは、何度も口にだされましたね。認知 ...

このページのトップヘ