鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:犬

母の施設(特別養護老人ホーム)では、17日まで面会謝絶になっています。しかし、アタクシは従来通り、施設へ行っています。アタクシは母の衣類と掛布団のカバーを持ち帰って、洗濯をしていますので。それをやっている理由は、やはり、母を入所させたという後ろめたさを軽く ...

母の施設(特別養護老人ホーム)では、年始に初詣を各ユニットで出掛けています。入所者全員が行かれるわけではありません。施設側から、家族が介助することで、なるべく多数の参加をと呼び掛けがありました。アタクシ自身も横須賀市へ引っ越しをして、初めてのお正月ですし ...

母の施設(特別養護老人ホーム)のユニットには、犬が6匹、一緒に生活しています。6匹が一斉に吼えると、スタッフさんの静かにと怒る声が相まって、凄いことに。何もないと、普通の施設と同じようにシーンとして、テレビの音だけが響いているだけです。さて、6匹のワンコのな ...

母の部屋に三人(アタクシと文福と大喜)で入っていくと、まっしぐらに文福が母のベットへ向いました。まあ、犬がいるのね!、可愛いわねえ。アタクシが居る時は、ドアを開けっ放しにするのですが、母だけの時は閉めてあります。文福は、母に尻尾を振るのではなく、ベットの ...

施設(特別養護老人ホーム)の母への面会は、殆ど、午後から行っています。しかし、日曜日の今日は、午前中に行きました。いつもと違う来訪に、文福もどうしたの?と言わんばかりに母の部屋を覗きにきました。以前にも、お話をしましたが、このところのアタクシは、海外ドラ ...

このページのトップヘ