鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護3。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:特養

「食べられなくなったら」母にも、こういう事態は、起こるものと思っています。まぁ、なんて美味しいの!おっかさん、ほんまに、そう思てんのん?今は、施設(特別養護老人ホーム)で提供される食事は、完食している母です。以前、誤嚥性肺炎を患った母は、食事を拒否したこ ...

毎週火曜日は、母の施設(特別養護老人ホーム)では、喫茶店と称して、1階の地域ホールでコーヒーか紅茶を入所者さんに出しています。雑貨屋、パン屋、ヤクルト、の出張出店もあり食べたいものを買う入所者さんもいます。アタクシは、そこでお手伝いのボランティアをしていま ...

この頃、みっちゃんさんは、たまに痛いことを忘れ、立ち上がって動こうとされるんです。まあ、その動作が痛みがあるにもかかわらず、早いんです。ユニットリーダーさんから、言われました。だんだんと痛みが軽減して、ひょいっと痛みがないときに、忘れてしまうようで。こう ...

母の居る特養(特別養護老人ホーム)は、ペットと共に入所出来ます。入所者が先に亡くなっても、一緒に入所したペットはそのまま、施設で暮らしていきます。最近、一緒に入所した猫が、虹の橋を渡ってしまい、保護された老猫を迎え入れ、仲良く暮らしている方がいます。そう ...

横須賀市から介護保険被保険者証が届きました。なんと、母は要介護4から要介護3に変更されていました。アルツハイマー型認知症で車椅子という状況で、要介護3ですって・・・。良い結果であり、というのは、施設(特別養護老人ホーム)の利用料が下がるので有難いことでござい ...

このページのトップヘ