鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:特養

母の居る施設(特別養護老人ホーム)に着いてみると、床のクリーニングを大々的に、やっていました。今日は、ワンコ(大喜とぶん福)のお散歩ボランティアの日。ちょうど、ユニット前のエレベーターホールに大ちゃんがリードを付けてスタッフさんと居たので、そのまま、散歩 ...

先日、母の施設(特別養護老人ホーム)へ行く前に、不動産屋さんから送って貰った物件を見てきました。大田区から横須賀へ通うこと、1年強、まず、体力的にクタクタ、精神的にヨレヨレ。そして、金銭的にカラカラ。何もないアタクシですし、自身の捨離断も兼ね、母の施設にそば ...

昨日は、施設に居る母へ面会に行くつもりはありませんでした。バイトのシフトも決まり、アタクシの予定に合せ、9日に行っておいたほうが好都合。さらに、義姉の命日なので、施設から辻堂にあるお墓へ行くことにしました。お墓参りを考え、電車で向いました。連休最終日ですし ...

みっちゃん様は、在宅介護中は失禁があったのですか?ユニットリーダーさんと話をする機会がありました。ここ(特別養護老人ホーム)に来られてから、失禁されることが一度もありません。日中は、ちゃんと、尿意を訴えられるます。夜間も、センサーが鳴るから行ってみると、す ...

特養(特別養護老人ホーム)に入所している母の面会に行くと、何でこんなに疲れるのかと思うほどです。いやいや、母の面会だけでなく、外出しても、くたびれ切ることが多くなりました。体力もですが、気力も乏しくなったような。母のところから帰って夕飯を済ませ、テレビの前 ...
| 鬼娘

このページのトップヘ