鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:特別養護老人ホーム

犬と猫、其々と一緒に暮らしている母の施設(特別養護老人ホーム)。動物のいない普通のフロアもあります。猫には散歩はいりませんが、犬には散歩が必要です。そこで、時間があるときは、母のユニットにいる大型犬、大喜と文福を別々に散歩に連れていきます。この頃のこの暑 ...

母がお世話になっている施設(特別養護老人ホーム)の猫がいるユニットでは、入所者を募集しています。入所者の殆どは、こちらでターミナルケアを受けているようです。母のユニットでも、最近、寝たきりだったお爺さんが亡くなりました。母が入所してからも同じユニットから3 ...

母の居る施設(特別養護老人ホーム)へ面会に行く時間は、大抵、午後3時過ぎになります。母は昼食後に、お昼寝をする習慣になっているからです。現在、ユニットのリビングのテレビは、母の真正面に置いてあります。今までは、右上の方にあり、入所者の皆さんが見えるところにあ ...

このところ、母の施設(特別養護老人ホーム)へ行くのは午後4時からの集団リハビリに連れ出すためが主になっています。しかし、この午後4時というのが、逢魔が時。いわゆる、夕暮れ症候群が始まる時間帯なのです。リハビリ(ぬり絵)を終え、ユニットに戻りながら、母は申し ...

ここ二週間ばかり、アタクシ自身の予定との関連で、母の施設(特別養護老人ホーム)へ一日置きに行っていました。アタクシにすれば、毎日、外出と母の面会が続いてしまい、グータラな生活になり果てておりました。月とスッポンというか、提灯に釣り鐘というか、在宅介護とは ...

このページのトップヘ