鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:死にそう

母の施設(特別養護老人ホーム)のユニットに着き、母の部屋に行こうとしたら、はす向かいのミック君のお母さんの部屋の扉が開きました。挨拶をすると、言われました。今日、お母さん、どうしたの?食事のとき、いなかったわよ。えーっ、また、なんか、駄々をこねたのかいな ...

で、アタシの迎えに来てくれたわけね。いやいや、明日はお医者様に診て頂く日だから。ここでお泊りしていないと・・・。明日は日曜日で、施設内も休日モードになんですけれど。母には曜日の感覚はありませんしね。アタシ、どこか悪いの?そうや、とっても、心臓がよくないん ...

このページのトップヘ