鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:施設

あー、気が重い。今年のインフルエンザの感染状況を考えると、厳重に警戒した方がいいだろうと判断し、ホーム全体をご面会禁止とさせて頂くことにしました。施設側のお達しだから、と仕方ないわよねと内心はホッとしておりました。しかし、明日からは、禁止も解けるので母の ...

神奈川県藤沢市で、高齢者福祉サービスを提供している株式会社あおいけあ を経営している加藤忠相氏のFacebookの投稿からのコピーです。「インフルエンザで面会禁止という愚行」多くの高齢者施設が、インフルエンザの流行を理由に入所者への面会を禁止している。感染者は遠 ...

先週の犬の散歩のときに、スタッフリーダーさんから言われました。お母様は、お元気ですよ。たまに、ここはどこなの?とおっしゃることがありますが。穏やかに過ごされています。ここはどこ?アタクシは、わざと施設と言わず、リハビリをする病院というか・・・と、むにゃむ ...

母の施設(特別養護老人ホーム)では、17日まで面会謝絶になっています。しかし、アタクシは従来通り、施設へ行っています。アタクシは母の衣類と掛布団のカバーを持ち帰って、洗濯をしていますので。それをやっている理由は、やはり、母を入所させたという後ろめたさを軽く ...

自らの考えで面会に行かないというわけではなく、施設側から来るなって言うんだからと大手を振ってのストレスのかからない毎日でございます。だから、と言って生活が全く変わるでもございませんが。むしろ、今までの介護は、どうだったのかと振り返ってみるものの・・・。ど ...

このページのトップヘ