鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:施設

昨日、日曜日の面会のときのことでございます。このところ、部屋の引き戸を閉めずにいます。母の部屋の冷房は、弱で効いていますが、アタクシにはちっとばかり暑い。そこで、引き戸を開けておくとユニット全体の冷気が入ってきて、ちょうどよくなるからです。それと、結構、 ...

母の施設(特別養護老人ホーム)では、個々にリハビリもあります。その他に、週に4日、集団リハビリがあります。4日間、母をリハビリに連れ出すとなると、ほぼ毎日面会することになります。で、集団リハビリには、週に2日、連れ出しています。折り紙が出来なくなり、塗り絵も ...

昨日はお盆の送り火の日。我が家は、迎え火も送り火もしないけれども、母はいつも、迎えるときは、ちらし寿司を、送るときはお蕎麦をお供えてしていました。もう、生活パターンも変わってきてしまったし、第一に、料理が苦手なアタクシには、おちらしなんぞは作れませんもの ...

このところ、施設(特別養護老人ホーム)にいる母の面会を終えてから、ボランティアをしています。いつも、母がお世話になっているワンコ達の散歩です。急いで帰宅する必要もありませんもの。夏ではないときは、午後1時過ぎから3時までの間に行っていましたが、この酷暑のな ...

では、お名前と生年月日を教えて下さい。調査員から、そう言われて、母は、シャンとして答えました。○○ 道子、大正13年11月○○日です。さいざんす、先日、介護認定更新の面談がございました。対調査に関して相変わらずの外面ヨシコさんぶりを発揮。ここはどこですか?こ ...

このページのトップヘ