鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:施設

施設(特別養護老人ホーム)の母への面会は、殆ど、午後から行っています。しかし、日曜日の今日は、午前中に行きました。いつもと違う来訪に、文福もどうしたの?と言わんばかりに母の部屋を覗きにきました。以前にも、お話をしましたが、このところのアタクシは、海外ドラ ...

母と面会する前は施設(特別養護老人ホーム)のワンコの散歩へ行っています。その日も、文福を連れ出し、建物の外へ。文は、一気に走り出し、リードを持つアタクシは、引っ張られるように走るハメに。午前中、雨が降っていて、外へ出られなかったからでしょうか。いつもは、 ...

昨日に続き、今日も母の施設(特別養護老人ホーム)へ。施設のイベント、一階ホールをレストランに見立てて、ユニットから出てお昼を頂くこと。食事の介助が必要がない入所者は、行くことが出来るのですが。それでも、昼食時の人手も足りない場合は、同じメニューをユニット ...

母の面会の前に、施設(特別養護老人ホーム)のワンコ、文福の散歩から帰ってくると、エレベーターホールにまで、母の大きな声が聞こえてきました。今日は、すでに、リビングにいるんや。あちゃー、また、何か気に入らないことでもあったのかも。娘は?!今日は来ないの?母 ...

一年で一番昼間が短い日々が続くのは、冬至の前後。午後4時半頃には、日没となります。母の施設(特別養護老人ホーム)から、帰るときは、すでに、真っ暗。昨日、火曜日は、ボランティアの日で、午後一番で施設には行くものの、母の部屋を訪ねるのは、午後4時頃になりました ...

このページのトップヘ