鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:帰宅願望

母の面会の前に、施設(特別養護老人ホーム)のワンコ、文福の散歩から帰ってくると、エレベーターホールにまで、母の大きな声が聞こえてきました。今日は、すでに、リビングにいるんや。あちゃー、また、何か気に入らないことでもあったのかも。娘は?!今日は来ないの?母 ...

どうして、家で寝ているだけでいいのに!!なんで、帰れないのよっ!母が目を吊り上げて、怒鳴り声で申しました。今日、施設(特別養護老人ホーム)にいる母の面会に行ったときの、第一声でした。このところ、以前の穏やかさがなくなり、当たり散らすようになりました。偽痛 ...

支度をして、母の特養(特別養護老人ホーム)へ行こうとしたとき、簡易書留が届きました。先日、行った大田区の健康診断の結果でした。その結果は「医師の判定」という項目に脂質異常と高血糖と書かれておりました。これは、毎年、同じ結果で、食事の内容と運動を考えないと・ ...

施設に居る母の面会は、なるべく「食べる」時間をきっかけにして、終わるようにしております。例えば、昼食後からおやつまでの間、午前中の昼食までの間とか。午後4時過ぎに母のところへ行くと、少々マズイ。いわゆる夕暮れ症候群を発する時間帯。アタシ、帰る支度をするから ...

家に帰りたいわ。いつになれば、帰れるの?食堂から、車椅子で母の居室へ移動しながら、母が申しました。そうやね、まだ、歩けないからね。リハビリ、せんとアカンねん。歩けなくてもいいのよ。いっそのこと、死んじゃえばいいのに。死ぬか生きるかは、神様が決めることや。 ...

このページのトップヘ