鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:将来

今日は仲の良い同級生とランチへ。彼女は、短大卒業後、大企業に就職。バブル期を挟んで、紆余曲折な会社員生活を30年間勤め、60歳で定年退職。今はご主人と二人、海外のマラソンに参加したり、冬はフランスでスキーと優雅に引退生活をしています。彼女のご主人のご両親は、 ...

横須賀市へ今年の1月中旬に引っ越し(転入は2月ですけれど)して、半年近くになりました。施設(特別養護老人ホーム)に居る母の面会もリハビリとボランティアを一緒にして合理的?にしております。何よりも楽になったのは、アタクシが視野から外れると、面会に来て話をした ...
| 鬼娘

母がお世話になっている、横須賀の特別養護老人ホーム(特養)は、以前も書きましたが、何を持ち込んでも構わない、自宅と同じようにして下さいという施設です。車椅子ですから、自ら動いて何かをするということは出来ません。じゃあ、自宅と同じように、とすれば掛布団かなと ...

このページのトップヘ