鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:家族

新しい記憶は覚えられないけれど、そのとき、その一瞬のことについての会話が可能な母。明日は、亡き下の兄の長女の結婚式。母には、孫の一人でもあるので、一応、何回か挙式があることは話してきました。ま、何度言っても、母にとっては、毎回新たに聞く話になってしまうの ...

確かに、うちも家計が大変になるけれど。だが、父がこの施設で、その後を幸せに人生全うし大往生してくれるのならば、私の心の辛さを思ったら、自分達夫婦の貯金を下ろしてでも支払いたいと思った。父親と仲のよくない弟夫婦に代わり、施設に入所させ、定期的に面会に行き、 ...

このページのトップヘ