鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護3。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:夕食

一昨日から、食事はベットではなく、車椅子でリビングで頂くようになりました。それまでは、パジャマだったのですが、ちゃんと着替えていました。今日は、夕食まで母の部屋におりました。テレビの報道番組を見ながら、話をしました。母は噛み合っていると思っているでしょう ...

母の施設(特別養護老人ホーム)ユニットでは午後5時半ともなると夕食の配膳が始まります。平日の面会は水曜日を除いて、午後4時から集団リハビリがあり、アタクシの都合がつけば母を連れ出しています。だもんで、アタクシがユニットを出て帰ろうとするときは、施設の夕食と ...

さてと、支度が出来た!はい、お夕食を、とベット用テーブルに並べようとしたところ、母がいつものように申しました。アタシ、トイレへ行ってくるわ。トイレに閉じ籠る時間によっては、ベン君がシーツにつく可能性に見当がつきます。長い、長いっつーことは・・・・。前回の ...

このページのトップヘ