鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護3。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:口裂け女

昨日は、一週間ぶりに母の爪切りをしました。あまり伸びていない足の爪も切りました。痛いっ!!あっ、ごめん。大丈夫よ。今は、こうやって穏やかな会話をしております。が、思い出すのは、認知症初期の頃の母のこと。あの頃、母の爪切りはアタクシには恐怖、そのものでした ...

誰かが、アタクシが寝ている布団の横に立ち、覗き込む。それは女だった。誰なの?ちょっと待って。起きるから!アタクシの口はカラカラ。声が出ない、目を開けられない、言葉が出てこない。起き上がれない。でも、あの女、まだアタクシを覗いている。ニタリとあの不気味な薄 ...
| 鬼娘

このページのトップヘ