鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:偽痛風

夜中に転倒し、偽痛風となった母。約1ヶ月間、ベットで安静状態でした。偽痛風とは、偽痛風という病気になった母 をお読み下さい。この頃、やっと痛みが最小限になったのですが、立ち上がるまでには至りません。食事はリビングで頂くものの、昼間の殆どは、部屋で一人で過ご ...

苛立ってはいけない、優しくと思いつつも、また、言うのかと語気がだんだん強くなっていくのを感じました。膝がねえ、痛いのよ。痛いよね、偽痛風という病気やから。なんで、こんなに痛いの?なんでって、さっきも言うたやんか。アタシ、なんで、こんな思いをしなきゃなんな ...

ここは、何なの?面会に行き、やれやれと、母のベットの横に座るや否や、母が申しました。何なの?と聞かれ、アタクシは答える前に、考えを巡らしました。はっきりと、施設と言えば、姨捨山に居ると思うだろうし、病院と言えば、「アタシは病気」と刷り込まれ、ベット上の生 ...

今日は、午後から東京へ行く予定があったのでお昼前に面会に行きました。母の施設(特別養護老人ホーム)は、飼い犬や飼い猫と一緒に入所出来るので、見学や取材が多ございます。ユニットのドアを開けると聞こえてきたのは、母のよそゆきの大きな声。可愛いのよぉーあらま、 ...

施設(特別養護老人ホーム)にいる母が、夜中ポータブルトイレへ移ろうとして、転倒したらしく、右膝を強打して、約1ヶ月になろうとしています。昨日、整形外科へ受診したそうでした。やはり、一番最初の診断名と同じ「偽痛風」ということでした。初めて聞く、「偽痛風」・・ ...
| 病気

このページのトップヘ