鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:作業療養士

さて、皆様、宴もたけなわではございますがぁとか、さぁ、帰ろう!!など、午後5時、リハビリの終了時間になると、一階のホールに集まっている入所者さん達に声をかける作業療養士さんのYさん。その場を明るく賑やかにしてくれることは、さすがはプロだと存じます。リハビリ ...

母の施設(特別養護老人ホーム)では、週に4日、希望者が集まってリハビリをしています。先日、作業療養士さんの提案で、トイレットペーパーの芯を切っての工作をしました。全く興味を示さない母に、台紙になる画用紙を選ばせ、芯で作った花の真ん中を何で作るか聞いてみまし ...

毎月第一水曜日は、調理リハビリ。午後2時からに間に合うように行くと、母は、スタッフさんに起こされて、少々ご機嫌斜め。何かあるの?調理リハビリと言うと案の定、アタシ、そんなことしたくないわ。このような集団リハビリには、母は一人では参加しないので、アタクシが先 ...

母と一緒に集団リハビリに参加していたときのことでございます。ココ君のお母さん(認知症初期)は、色紙を、色別に千切るということが出来ず、4種類をゴッタにしてくれました。それを、母と二人で色別に分けることをしていたのですが、最初は、口も聞かず、黙々とやっていた母 ...

午後4時からの集団リハビリ。おやつの時間に母の施設に着きました。あら、アナタ、迎えに来てくれたのね。これで、アタシ、帰れるわ。母から言われた、いつもの第一声。いやいや、これから、リハビリがあるからね。一緒に参加しましょ。ついでに、付け加えました。明日は、健 ...

このページのトップヘ