鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:会話

今日は、施設(特別養護老人ホーム)の集団リハビリの日でした。珍しく、ミック君のお母さんが行ってみようかしらと言い出しました。スタッフさんもですが、アタクシも以前から見学でいいから行きましょうとお誘いしておりました。これから、母も行きますから、F子(ミック君 ...

母の居る施設(特別養護老人ホーム)は10人定員のユニット。昨年の秋の施設側からの説明で、介護職員の退職時期が重なり、その後の募集と採用後の研修が間に合わなくなったそう。そこで、介護の体制が整うまで欠員のままでやっていくと言われていました。ここ数ヶ月で、母の ...

郷に入っては郷に従えって言うでしょ。心配することではありませんよ。と、きっぱりと言われてしまいました。最近、入所されたミック君のお母さんには、妹さんがいて、ほぼ一日置きに面会に来られています。ミック君のお母さんが、91歳ですから、85歳ほどでしょうか。なんと ...

認知症中期の母は、その時、その場で思ったことを、ありのままに口に出してしまうようになりました。現在の施設(特別養護老人ホーム)に入所してすぐに、隣に座った入所者さんが、手掴みで食事をして汚いと言ったそうです。スタッフさんが席替えを考えて下さり、一件落着し ...

あんずさん!、お母様は、大丈夫!今度、入所した方とよくおしゃべりをしてますよ。昨日も、夜遅くまで、二人でいましたから。その日、受付を済ませ、母のユニットへ向かう廊下で居合わせたユニットリーダーさんが声を掛けてくれました。入所して、すぐに、お隣に座るKさんを ...

このページのトップヘ