鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:中核症状

母の面会のない今、ブログネタがないこともあるんですが。認知症初期の周辺症状である物盗られ妄想。突然に支離滅裂なことを言い出し、懇切丁寧に説明をしても、頑として受け付けない。介護をする皆様にも経験があると存じます。母は認知症を発症する前から変形性膝関節炎で ...

“あなた、2億円返してくれる? 持ち出したわよね!”兄は義母から突然に、電話で言ってきたとき、おかしいと思いつつも腹立たしくもあったと申しておりました。認知症の初期には、「物盗られ妄想」があり、事実ではなくても、「盗った」という言動がございます。現実が正し ...

週一で、往診に来て下さる地域提携医の先生「次から次と色んなことが起きますね」と、笑っておられましたが、ほんとに、力づくでブリッジを抜いてしまうなど、次は何が出るのか、ビックリ箱のお楽しみ!という日々でございます。その都度、認知症が進んでいると思います。ア ...

このページのトップヘ