鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:不安感

先週の犬の散歩のときに、スタッフリーダーさんから言われました。お母様は、お元気ですよ。たまに、ここはどこなの?とおっしゃることがありますが。穏やかに過ごされています。ここはどこ?アタクシは、わざと施設と言わず、リハビリをする病院というか・・・と、むにゃむ ...

おばあちゃまにとっては、今の施設がしっくりしているって感じかな。明日は義姉の命日。お花とケーキを持って兄の家へお参りに行ってきました。姪とケーキを食べつつ、母の近況報告を。疲れるとヒステリーを起こしてスタッフさんを叩く暴力婆さんになる。だから、スタッフさ ...

昨日は、関東南部にも午後から夕方にかけて雷雨予報が出ていたので、車で母の施設へ、行ってきました。今にも降り出しそうな厚い雲から少し日が差す東京でしたが、母のいる横須賀はピーカン。横横道路の濃い緑が綺麗でした。アタクシが思った通り、昼食後に部屋で横になって ...

アタシはね、耳が遠いのよっ!何を言ってんだか、わからないの!!介護認定更新の際、調査員の方が声を落とし、母の後ろに居るユニットリーダーさんへ声をかけると母が大声を張り上げました。聞かせたくないことを言っていると母も理解するのでしょうか。耳が遠いと言うこと ...

このページのトップヘ