鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護3。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:リハビリ

逗子に住むクラスメイトは、実家とご主人のご両親を看取りました。ご実家は関西なので、直接の介護はなし。直接の介護は、ご主人のご両親。大変だったのは、お姑様。認知症から始まり、徘徊、最後は要介護度5の寝たきりで在宅介護。話しを聞いていると、三人のお子さん達も ...

ここは、何なの?面会に行き、やれやれと、母のベットの横に座るや否や、母が申しました。何なの?と聞かれ、アタクシは答える前に、考えを巡らしました。はっきりと、施設と言えば、姨捨山に居ると思うだろうし、病院と言えば、「アタシは病気」と刷り込まれ、ベット上の生 ...

母の施設(特別養護老人ホーム)では、個々にリハビリもあります。その他に、週に4日、集団リハビリがあります。4日間、母をリハビリに連れ出すとなると、ほぼ毎日面会することになります。で、集団リハビリには、週に2日、連れ出しています。折り紙が出来なくなり、塗り絵も ...

母の施設(特別養護老人ホーム)では、午後4時から1時間、リハビリがあります。クリスマス、ひな祭り、などの季節に合わせて作品を作りますが、何もないときは、本人がやりたいことをやっています。母は今まで、1年半塗り絵をやっていました。若い頃は、絵画教室に通っていた ...

右膝に溜まった水を抜いて、一晩、全く立ち上がれなくなった母。しかし、翌日からは、さほど痛くない左側に本能的に重心をおくことが出来るようになりました。施設(特別養護老人ホーム)では、スタッフさんの介助が、より必要になったようでした。すっかり、いつも通り。リ ...

このページのトップヘ