鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:リハビリ

右膝に溜まった水を抜いて、一晩、全く立ち上がれなくなった母。しかし、翌日からは、さほど痛くない左側に本能的に重心をおくことが出来るようになりました。施設(特別養護老人ホーム)では、スタッフさんの介助が、より必要になったようでした。すっかり、いつも通り。リ ...

この頃の母は、視野からアタクシが消えると面会に来たことを忘れるようになりました。今まで施設(特別養護老人ホーム)のユニットを出るときは、母に言っていました。じゃあね、また、明日来るからね。しかし、現在は「面会に来たことを忘れる」を利用して、リハビリへ連れ ...

以前、母は、ときどき、そばに来るスタッフさんに、バシバシ叩く暴力婆さんでした。痛い!と叩かれたスタッフさん全員が言ったそうです。どうも、苛立つとそのはけ口に叩くようで、ユニットリーダーさんの提案でお昼寝をさせてみることに。すると、叩くという行為は収まり、 ...

今日は、施設(特別養護老人ホーム)の集団リハビリの日でした。珍しく、ミック君のお母さんが行ってみようかしらと言い出しました。スタッフさんもですが、アタクシも以前から見学でいいから行きましょうとお誘いしておりました。これから、母も行きますから、F子(ミック君 ...

母を施設(特別養護老人ホーム)での、集団リハビリへ連れ出して1年近くになります。集団リハビリと言っても、7~8名ほどが集まり、其々が好きなことをやっています。大半は、編み物。身体に麻痺のある方は、毛糸のボンボンマット作り。これは、ボンボンボールメーカーという ...

このページのトップヘ