鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:ダイエット

母の入所している施設(特別養護老人ホーム)のユニットリーダーさんから、呼び止められました。先日、お土産を頂いて有難うございました。他の入所者さんへのお気遣いですが、無用にお願いしますね。頂いたからとお返しを考えて、ご家族に頼んで、お菓子を買われたりされる ...

母は、昨年の夏、誤嚥性肺炎で入院し、体重が40Kを切り、退院後、老健(介護老人保健施設)に戻ってきたときは、低栄養という状態でした。※低栄養とは、低栄養とは食欲の低下や食事が採りづらいなどという理由から徐々に食事量が減り、身体を動かすために必要なエネルギーや筋 ...

低栄養の可能性は、「低」は◎、「高」は×。老健入所時の栄養ケア計画書のなかに、そういう項目があり、太文字で強調されていた、「高」確かに大腿骨骨折で、入院してから病院食をあまり食べなかったのは、事実でした。全く、食べないということもなかったので、母が「低栄 ...

このページのトップヘ