鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護3。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

タグ:おやつ

昨日、施設(特別養護老人ホーム)にいる母の面会に行くと、おやつはメロンでした。メロンと言っても、あのマスクメロンではなく、アンデスメロンのメロン。ちょうど、お昼寝からリビングに戻った母の前に、出されました。メロンだわ!!、久々に食べる、美味しい!と、母は ...

母の入所している施設(特別養護老人ホーム)のユニットリーダーさんから、呼び止められました。先日、お土産を頂いて有難うございました。他の入所者さんへのお気遣いですが、無用にお願いしますね。頂いたからとお返しを考えて、ご家族に頼んで、お菓子を買われたりされる ...

或る日のおやつに、スイカが出ました。認知症があるだけで、身体的にはどこも悪いところのないココちゃんのお母さんには、皮つきのカットスイカ。母も含め、後は全員、ダイスカットされて、食べやすくなって配膳されました。ココちゃんのお母さんが、皮のギリギリまで、食べ ...

或る日、母の居る特養(特別養護老人ホーム)へ面会に行くと、おやつが林檎でした。アタクシに気が付いて、母が申しました。アナタにこれ、あげるわ。アタシ、入れ歯でしょ、食べづらいのよ。林檎ですから、そんなに固くないはず。そのくせ、草加煎餅は、バリバリと頂くのに。 ...

おやつの時間のことでございます。順番を待つということが、苦手なお年寄りの集団ですから、中には、拗ねる方もいます。私はね、太る体質なの。だから、娘がきっと、職員におやつは出すなって言ったんだわ。皆さんに出ますから、大丈夫ですよ。すべては娘が悪い、どこも一緒 ...

このページのトップヘ