鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

カテゴリ: 認知症とは

NHKスペシャル「認知症をくい止めろ ~ここまで来た!世界の最前線~」7月20日(日)午後9時00分~9時58分 放送昨夜のこの放送は母と一緒に見ました。今までは、認知症に関する番組については、母も避けていましたし、アタクシも、先にチェックをして、なるべく見せないよ ...

今朝の朝日新聞からです。本日7月19日、認知症の母との暮らしを自ら、記録した映画「毎日がアルツハイマー2」が、東京都中野区のポレポレ東中野で8月8日まで公開されます。ドキュメンタリー映画監督の関口佑加氏が、母、宏子さんの日常の様子を撮ったもの。認知症と診断され ...

母は何かというと、悔しいと申します。入浴中に、浴用の椅子から立ち上がるとき、アタクシが手を出して、母を持ち上げます。そのときに、悔しい!、こんな簡単なことが出来なくなるなんて!!手すりをつけても、一人での入浴は無理ですから、同じことになると存じます。変形 ...

週一で、往診に来て下さる地域提携医の先生「次から次と色んなことが起きますね」と、笑っておられましたが、ほんとに、力づくでブリッジを抜いてしまうなど、次は何が出るのか、ビックリ箱のお楽しみ!という日々でございます。その都度、認知症が進んでいると思います。ア ...

このページのトップヘ