鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

カテゴリ: 鬼娘

毎週火曜日、母の施設(特別養護老人ホーム)でボランティアをやっています。週に一度、喫茶店と称し、1階ホールでコーヒーマシンで淹れたコーヒーをを入所者さん達に出すことです。パン屋さん、雑貨屋さん、ヤクルトさんが来て、簡単な買い物も出来ます。そのボランティアは ...
| 鬼娘

このところのアタクシの言動は、認知症の母のことを、とやかく言うような状態にありません。例えば、麦茶を鍋で煮出していたのを忘れてしまい、焦げくさい匂いで気が付きました。横須賀に引っ越した後は、東京へ出かける場合、何件か用事を済ませるようにするのですが、すっ ...
| 鬼娘

あらっ、アナタ、いいところに来たわ!アタクシは、母のその一言を聞くと、思わず、身構えてしまうのです。何故なら、その次に出てくる言葉は、決まって迎えに来てくれたね。とか、アタシは、いつでも支度出来るから。という、帰りたいコール。矢のように飛んでくる、母の言 ...
| 鬼娘

また、母の夢を見ました。いつも同じような夢。とにかく、早く帰らないと、遅くなるって母には連絡していない。どうしよう・・・、と焦っている。母がそばで寝ているけれど、とても狭い場所だから、今度は位置を変えてあげねば・・・。どうも、眠りの質が悪いような気がしま ...
| 鬼娘

横須賀市へ今年の1月中旬に引っ越し(転入は2月ですけれど)して、半年近くになりました。施設(特別養護老人ホーム)に居る母の面会もリハビリとボランティアを一緒にして合理的?にしております。何よりも楽になったのは、アタクシが視野から外れると、面会に来て話をした ...
| 鬼娘

このページのトップヘ