鬼娘の介護日記

認知症で92歳の母。昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

カテゴリ: 鬼娘

午後から我が家の購入希望者さんがリフォームの見積もりを取りたいとのことで、業者と一緒に来ることになっていました。いつもは簡単にササッと床拭きで済ませるのをワックス掛けを思いつきました。ワックスを掛けるなんて、10年ぶり、いや、もっと前かもしれない。M.ダック ...
| 鬼娘

父のところに行く度に全生気を吸いとられて帰る脱力感。それはなんとも言えない疲れです。1時間半~2時間かけて施設へ行き、1時間はいるようにして、いつも色々な話をしますが、だんだんと会話もネタはつきてしまう。又同じ時間をかけ家路に。着いたら、休むことなく、夕 ...
| 鬼娘

アタシは、おやつより、ここでアナタと一緒に居たいのよ。おっかさん、いつも一緒に居るわけにはいかないのよ。いや、鬼娘の本心は一緒に居たくないという気持ちが強いんよ。ほんとに、ゴメン・・・。母のいる特養(特別養護老人ホーム)へ面会にいくと、いつも言われるアレ。 ...
| 鬼娘

アタシは、こんなところに一生閉じ込められているのよ。ついさっき、「ここは緑が多くていいわぁ」だなんて言っていたのに。母のこの言葉には、聞こえないふりをして、返事をしませんでした。おっかさん、一生というけれど、そんなに長くないと思うよ。今日の開口一番は、ア ...
| 鬼娘

介護に関する本があると、ガイダンスを読むなどしています。朝日デジタルで、紹介されていた本があります。著者は、医師であり作家でもある久坂部羊先生です。この本はフィクションです。まだ、読んではいません。しかし、朝日デジタルに先生が寄稿しておられる文章を読んで ...
| 鬼娘

このページのトップヘ