鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護3。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

カテゴリ: 徒然に想うこと

「食べられなくなったら」母にも、こういう事態は、起こるものと思っています。まぁ、なんて美味しいの!おっかさん、ほんまに、そう思てんのん?今は、施設(特別養護老人ホーム)で提供される食事は、完食している母です。以前、誤嚥性肺炎を患った母は、食事を拒否したこ ...

母の認知症進行度は、カメの速度のような、緩やかであると思います。そもそも、このブログを始めたきっかけは、あの、認知症初期の妄想に囚われた母への気持ちを何とかしたかった、ストレス解消でした。同じような悩みを持つ方々から、コメントを頂くようになりました。症状 ...

この頃、みっちゃんさんは、たまに痛いことを忘れ、立ち上がって動こうとされるんです。まあ、その動作が痛みがあるにもかかわらず、早いんです。ユニットリーダーさんから、言われました。だんだんと痛みが軽減して、ひょいっと痛みがないときに、忘れてしまうようで。こう ...

ここは、何なの?面会に行き、やれやれと、母のベットの横に座るや否や、母が申しました。何なの?と聞かれ、アタクシは答える前に、考えを巡らしました。はっきりと、施設と言えば、姨捨山に居ると思うだろうし、病院と言えば、「アタシは病気」と刷り込まれ、ベット上の生 ...

先週は3日間だけ、某地方選挙の期日前投票のバイトに行きました。そこでの状景でございます。会場へやってきた、一見、姉妹かと思われた老女が二人。まず、宣誓書の記入台でのワンシーン。年上と思える婆様が、隣の老女に聞いてました。ねえ、何を書けばいいの?すると、億劫 ...

このページのトップヘ