鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

カテゴリ: 日々の出来事

母の部屋をノックして入ったところ、文福がアタクシに続いて一緒についてきました。あら、アナタ、来てくれたのね。毎度お馴染みの母の第一声。まあ、犬じゃないの、可愛いこと。母は視野から物体が外れると、認識が出来なくなっていますので、部屋にいると施設(特別養護老 ...

今日は火曜日。母の施設(特別養護老人ホーム)では、喫茶「山科」と称して、コーヒーマシンで淹れたコーヒーを150円(お代わり付)で入所者さんにお出ししています。アタクシはそこで、ボランティアをしています。アタクシのほかに、施設のご近所さんで、2名の方が参加して ...

まぁ!、アナタ来てくれたのね!これが、毎度の母の第一声。昨年の9月に転倒して右膝を強打した母。それまでは、昼食後からおやつまでお昼寝のため、ベットで横になっていました。お昼寝以外の時間は、老人ホームにありがちなリビングでずっと座っている、という状態にいまし ...

その婆様をアタクシが見たのはいつだっけ?いつもの定位置で、いつものふりかけをのせた小さな真ん丸なご飯を手に持って食べている入所者さん。えっーと、今は面接謝絶前と同じ、一日おきだから・・・。そうそう、一昨日のこと。いつもと変わらなかったのに。母との面会を終 ...

母のように、まだ、意志の疎通が出来ると、作業作業療法のようなイベントは、本人の意志を、重視されます。母は、嫌なものは嫌という頑固なタイプ。そういう場合は、スタッフさんは強制はしないようです。あとは、家族からの要望があれば、連れ出してくれます。キャバリアの ...

このページのトップヘ