鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護3。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

カテゴリ: 日々の出来事

またまた、母が膝の痛みを訴え、立ち上がれなくなりました。原因は、夜間の転倒。ベット横にあるポータブルトイレへ座ろうとして、立ち上がり、痛みで倒れ込み膝を打ったらしいのです。膝が痛くて、一人では立ち上がれないということを、忘れてしまう母。認知症ですから、痛 ...

母は、兄の顔をしげしげと見ながら言いました。先生、アタシ、よく存じているんだけれど?久々というか、1年近く来ていなかった兄と、午前中に母の面会に行きました。兄は、スタスタとリビングに座っていた母のそばに行き、声を掛けました。おふくろ、久しぶり!!すると、母 ...

母の古い知人から電話を貰いました。お見舞いに伺いたいとのこと。横須賀市にある特養(特別養護老人ホーム)に入所していること。大腿骨を骨折して、リハビリが出来ず、現在は車椅子生活であること。元気は元気だけれども、記憶力はかなり低下してしまっている。アタクシは ...

母に終末期の診断が下りたこれを読んだときに、ドキリとしました。コメントを下さる山椒魚様のブログからです。認知症はどう看取る?今は元気印で、相手構わずの言いたい放題、容赦ない苛めっ子の母もいずれは、そうなるのだと、腹を括っているアタクシではございますが・・ ...

その日、施設(特別養護老人ホーム)に居る母の面会でユニットに着いたとき、ちょうど、母は、お昼寝から起きてトイレへ連れて行って貰うところでした。じゃあ、その間に持ってきた衣類をを引出しへ入れておきましょうと母の部屋へ。ベットの上には、丸まったズボン下が。は ...

このページのトップヘ