鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

カテゴリ: 日々の出来事

母を施設(特別養護老人ホーム)での、集団リハビリへ連れ出して1年近くになります。集団リハビリと言っても、7~8名ほどが集まり、其々が好きなことをやっています。大半は、編み物。身体に麻痺のある方は、毛糸のボンボンマット作り。これは、ボンボンボールメーカーという ...

ところで、アナタ、今、誰と暮らしているの?はぁ?!、アータがいないんだから、一人に決まってるやないの。一人よ。家はどうなってるの?家は、もう、あらへんよ。売っちゃったから。じゃあ、アナタ、どこで寝てるの?ここと同じ市内にアパートを借りてるんよ。そうなの? ...

昨日、また、“アタシ、退院して帰ります。”とおっしゃって、荷物をまとめて帰り支度をされたんですよ。引き出しから、いつもと違うメガネをかけておられました。アタクシが、施設(特別養護老人ホーム)に居る母の面会で、ユニットに入ってスタッフさんに挨拶すると、開口 ...

今日の午後4時からの集団リハビリは塗り絵を止めて、ゴミ箱作りをすることに。母にとって、塗り絵は単純な絵柄でないと、出来なくなってしまいました。と言って、折り紙が無理なのは以前から。新聞紙や広告紙で折るゴミ箱は、簡単であるのと、アタクシが手伝えばなんとか出来 ...

この頃、施設(特別養護老人ホーム)に居る母の口から、帰りたいコールを聞いていませんでした。しかし、昨日はアタクシの顔を見た瞬間に、アタシ、帰りたい!!こりゃ、アカンわ・・・。午後4時からの集団リハビリ。いやいや、これは、集中力は続かないかも。用意してきた、 ...

このページのトップヘ