鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護3。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

カテゴリ: 日々の出来事

先日、母の面会で、アタクシの顔を見るなり、アタシ、早く死にたい!と何回も言われて、ほとほと、嫌になっておりました。夜間に転倒して右膝を強打し、腫れあがり、立てなくなり、ベットに寝たきり。認知症で、なんで寝たきりになっているのかをすぐに忘れてしまう。話し相 ...

施設(特別養護老人ホーム)の個室内で、夜間転倒して、右膝を強打してから10日間。転倒直後は右膝頭に手をかざすだけで、悲鳴をあげていた母。骨折は免れたものの、太腿に大きな打ち身のアザ、勿論、膝頭も青アザ、膝の後ろに大きなアザ。どんな転倒の仕方やったんや?と、 ...

母が夜間に転倒して、右膝を強打して一週間。やっと、膝頭を触れるようになりました。車椅子に移乗出来るには、あと一週間から10日間くらいでしょうか。ここの人達は、アタシに意地悪をするのよ。施設(特別養護老人ホーム)の母の部屋に顔を出した途端、待ってましたとばか ...

夜間に転倒して、右膝を強打した母。そして、ベットに寝たきりとなりました。しかし、オシメではなく、リハビリパンツでございます。さいざんす、自分でポータブルトイレを使って排泄しています。トイレへ行きたい!、どうすればいいの?えっ、右膝が痛くて立てないのに、ど ...

母の右膝は、パンパンに腫れています。夜間に転倒して、ほぼ一週間ですが、腫れはちっとも引いていません。転倒の際、どこをどのように強打したのか?認知症で、転倒したことすら、忘れておりますから、母に聞いたところで、わかりません。左脚は全く、アザも何もありません ...

このページのトップヘ