鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

カテゴリ: 日々の出来事

今日、いつものように母の施設(特別養護老人ホーム)の介護犬、文福の散歩を済ませ、母の部屋へ。まあ!、アナタ、来てくれたのね!これもまた、いつもの母の第一声。母にミルミルを渡して飲んでもらう。アタクシはその間に、洗濯してきた衣類を引き出しに入れ、籠にある衣 ...

この頃の母がよく言うことは、アタシは何をしたらいいか、わからないし、考えられない。考えなくてもええねん。何もしなくてもね。すると、じゃあ、ここで寝ているだけでいいのね。そうや、横になっていれば、スタッフさんが教えてくれるから、言う通りに動けばええの。わか ...

あら、アナタ、いいところに来てくれたわ。アタシ、朝から何も食べていないのよ。この頃の母の第一声は、何も食べていない、お腹が空いたということが多くなりました。ユニットのリビングには一週間のメニューが壁に貼ってありますので、見て母に申しました。朝は鰯の甘露煮 ...

今日は、母の面会の前に横浜で用事があり、横須賀中央駅のバス停でバスを待っていました。横須賀市民になってからのアタクシは、バスを使うことが多くなっています。母の施設(特別養護老人ホーム)へ行くのも、京急の横須賀中央駅へ行くのもバス。隣のバス停に三崎口行きの ...

週に2日、アタクシの都合とか施設(特別養護老人ホーム)の都合では、週に1日。母を集団リハビリに連れ出しています。以前は、参加者全員で、吊るし雛などを作っていました。身体や認知症の症状によって、作業のレベルがまちまち。中には、母のように、そんなもの、やりたく ...

このページのトップヘ