鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

カテゴリ: 特養にて

お暑うございます。この金曜日と土曜日、2日間はどこにも行かず、エアコンをつけて部屋におりました。さて、今日はこれから面会に行きます。が、午後3時過ぎに出て、4時頃に施設(特別養護老人ホーム)に着くようにと考えています。しかし、問題が・・・。午後4時頃は、母か ...

母の施設(特別養護老人ホーム)は、飼い犬や飼い猫と一緒に入所出来ます。犬のフロア、特に母のユニットでは、定員、否定犬オーバー。お隣の犬のユニットも先日、チワワを連れて入所された方がいて、これまた、定犬オーバー。猫のユニットでは空きがあるようで、入所が出来 ...

先生!、水色の薬はまだなの?待ってるんだけれど。母の施設(特別養護老人ホーム)のユニットにいる6匹の犬達のうち、大喜と文福の散歩を終えて帰ろうとしたとき、母の大きな声が、聞こえました。夕方6時を過ぎたユニットでは、全介助の入所者さんを除いて、ほぼ、皆さん、 ...

大暑、猛暑、極暑、激暑、厳暑、炎暑 、溽暑暑さを表す言葉は数あれど、アタクシ的には、クソ猛暑!母の面会に行くだけで、暑さに疲れてしまいます。西日本の水害で、この暑さの中、災害に遭った方々、行方不明者を探す方々、等々のことを思うと文句は言えません。施設(特別 ...

母が認知症でよかったとつくづく思うことは、在宅介護中よりも、施設(特別養護老人ホーム)に入所してからです。在宅介護のときは、なんで、わからへんねん!と、怒りが先の鬼娘でした。母の場合、「状況がよくわからない」から、施設にいることが出来るのでしょう。先日、 ...

このページのトップヘ