鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

カテゴリ: 特養にて

いつものように、午後3時20分頃に、母の居る施設(特別養護老人ホーム)に行きました。母は疲れが出ると、ヒステリックを起こし、スタッフさんを叩く暴力婆さん化してしまう。そこで、昼食が済ませた午後1時頃から3時過ぎまでお昼寝をしています。母が起きて、オヤツにリビン ...

母の施設(特別養護老人ホーム)では、個々にリハビリもあります。その他に、週に4日、集団リハビリがあります。4日間、母をリハビリに連れ出すとなると、ほぼ毎日面会することになります。で、集団リハビリには、週に2日、連れ出しています。折り紙が出来なくなり、塗り絵も ...

○%×◇$☆♭#▲※!!母の施設(特別養護老人ホーム)のワンコ、大ちゃんの散歩から戻り、ユニットのドアの前に来たとき、母の怒鳴り声が聞こえました。また、なんか気に障ったことがあったのだとわかりました。元来、気が強く、自分の意に添わないことがあると不機嫌になる ...

このところ、施設(特別養護老人ホーム)にいる母の面会を終えてから、ボランティアをしています。いつも、母がお世話になっているワンコ達の散歩です。急いで帰宅する必要もありませんもの。夏ではないときは、午後1時過ぎから3時までの間に行っていましたが、この酷暑のな ...

もともと、変形性膝関節炎がある母でした。先日、膝に水が溜まり抜きました。抜いた2日間は痛みがあり、自力で立つことが出来ず、オシメという有様で、ああ、このまま寝たきりかと思いました。しかし、その後は、また、以前のように掴まり立ちが出来るようになりました。そ ...

このページのトップヘ