鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

カテゴリ: 特養にて

母の施設(特別養護老人ホーム)のユニットには、犬が6匹、一緒に生活しています。6匹が一斉に吼えると、スタッフさんの静かにと怒る声が相まって、凄いことに。何もないと、普通の施設と同じようにシーンとして、テレビの音だけが響いているだけです。さて、6匹のワンコのな ...

あんずさん、来月1月のご予定は?毎火曜日の午後2時から1時間、母の施設(特別養護老人ホーム)のイベントのボランティアをやっています。先日、聞かれました。何もありませんので、カレンダー通りで。じゃあ、もし、ご予定が入ったら教えて下さい。ほんとに、何もないのです ...

この日もいつもの面会パターン。ワンコの散歩を済ませ、いつもより、少し早い午後3時過ぎに、お昼寝中の母の部屋へ。ほんとは、午後4時近くに行きたかったのですが、ユニットのリビングには、Sさんとココちゃんのお母さんの二人だけでした。ミック君のお母さんとヒデコさんが ...

昨日に続き、今日も母の施設(特別養護老人ホーム)へ。施設のイベント、一階ホールをレストランに見立てて、ユニットから出てお昼を頂くこと。食事の介助が必要がない入所者は、行くことが出来るのですが。それでも、昼食時の人手も足りない場合は、同じメニューをユニット ...

ミック君のお母さんは、認知症の症状はなく、80歳代のお年寄りなりのボケ具合です。しかし、関節リウマチのために、食器を手で持って食べるのが難しい。さらに、部屋で転倒し、右側を打って右手が上に上がらなくなりました。食事はスプーンを使っているのですが、それも上手 ...

このページのトップヘ