鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

カテゴリ: アーカイブス

アナタ、アタシに関係なく、外出すればいいじゃあない。アタシは、家で寝ているだけなんだから。デイやショートステイへ行く日が近づくと、毎度毎度、母と言い争いをしました。ママを一人にして、出かけられへんねんよっ母は何故、自分が一人で家に居てはいけないのかと訊ね ...

母の面会のない今、ブログネタがないこともあるんですが。認知症初期の周辺症状である物盗られ妄想。突然に支離滅裂なことを言い出し、懇切丁寧に説明をしても、頑として受け付けない。介護をする皆様にも経験があると存じます。母は認知症を発症する前から変形性膝関節炎で ...

認知症を発症する前は、出戻ったアタクシによく申していました。いい人がいたら、アタシのことは放っておいて結婚していいのよ。ま、好き勝手に生きてきたアタクシには、先のことなど考えず、まさか、母の介護があるとは思わず、相変わらずでございました。家には、誰も入れ ...

母が認知症を発症して、10年以上になります。振り返ってみると、いつ、発症したかは定かではないし、第一に、本人に発病したという自覚もありません。後から思うに、幻覚に幻聴もありました。もちろん、被害妄想も・・・この寒い時期になると、思い出すことがあります。あれ ...

面会謝絶の今、徒然なるままに、日ぐらし、パソコンに向かいて、来し方を振り返ってみれば・・・。やはり、認知症初期の特異な症状に振り回され、苦労したということが、一番に頭に浮かびます。当時から、母への愚痴をブログに書き綴っていましたので、それを読んでくれてい ...

このページのトップヘ