鬼娘の介護日記

認知症で92歳の母。昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

カテゴリ:日々の出来事 > 老健にて

JR逗子駅までは行ったことがあります。その先は未開の地。列車の窓から軍艦らしきものが見えました。京急線の賑やかさからすると、線路脇に生えているセイタカアワダチソウの群生ばかりが、目立つ情景でございました。横須賀の特別養護老人ホーム(特養)指定の、銀行へ口座開 ...

ヤバイ時間は夕方でございます。一昨日は、家を出るのが遅くなり、介護老人保健施設(老健)に居る母の面会が、午後4時になってしまいました。開口一番、珍しく、まあ、アナタ、毎日来てくれるなんて嬉しい。おっかさん、週に二回しか来てへんよ。それって、いつものイヤミの復 ...

昨日の水曜日、関東はお天気でございました。介護老人保健施設(老健)に居る母に面会して参りました。カラッとした空気で暖かく、早速施設の外に連れ出しました。アタシね、ここに閉じ込められているしょ。外なんか、行ったことないのよ。ウソこけ~。お天気のいい日には、入 ...

丘の上にある母の介護老人保健施設(老健)は、三方、竹林に囲まれております。面会時は、その竹林が見える大きな窓の処に車椅子の母を連れて行き、外を見ながら話をします。竹の緑がきれいというばかりでは、と思い、たまには、違う話題を振ってみました。そうや、昨日の深夜 ...

ここ数回、母は「帰りたい」と言わなくなりました。介護老人保健施設に入所中の母です。面会に行くと、毎回、アタクシの顔を見ると、申しました。ああ、アナタ、いいところに来たわ。アタシ、そろそろ、帰ろうと思っていたの。そういうときは、「一緒にお茶にしよ。」と、誤 ...

このページのトップヘ