鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護3。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

カテゴリ: 介護施設

昨日、母の見舞いを済ませ、さあ、帰ろうと病院を出ようとしとき、担当の理学作業士の女性が、書類を持って追いかけてきました。すみません、私、明日からお休みに入るので、ご挨拶出来ないのと、お母様の報告書を作りますので、お時間、頂けますか?沖縄出身のこの女性に、 ...

歩く足には棒にあたる、というのでしょうか、今までの運の悪さが、一日でひっくり返った感が致しました。まず、朝一で、待機となった横浜の老健から、入所予定の人がキャンセルになったために、来週後半で入所が可能ですがと連絡が・・・!その場で二つ返事、入所しますと。 ...

先日、入所OKの老健があったら、否応なしにそこでいいとおっしゃいましたよね。はい、確かに申し上げましたわよ。しかし、次から次と見て行けば、あっちよりこっちがいいと思うでしょーが!!見学していくうちに、アタクシが気になってきたのは、入所者の皆さんの表情でした ...

認知症と番組タイトルについていると、ついつい見てしまいます。ものまねタレント岩本恭生氏の母親が脳梗塞で倒れ、その後認知症を発症。介護が必要となり、在宅介護を望む母親と、老人ホームを希望する家族。悩んだ末に、母親を説得して老人ホームへと言う内容でした。ホー ...

朝、お部屋に行ってみたら、息をしていない、そんな方も、年にお一人はいるんですよ。えっ?!・・・・・今まで、老健を巡って参りましたが、そんなことを言われたの初めてで、面食らいました。昨日は、川崎市宮前区で1軒、横浜市青葉区で2軒、老健を見学しました。3施設は、 ...

このページのトップヘ