鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

カテゴリ: 介護施設

母の居る特養(特別養護老人ホーム)は、ペットと共に入所出来ます。入所者が先に亡くなっても、一緒に入所したペットはそのまま、施設で暮らしていきます。最近、一緒に入所した猫が、虹の橋を渡ってしまい、保護された老猫を迎え入れ、仲良く暮らしている方がいます。そう ...

アナタの言ってること、聞こえない!!だいたい、マスクをして言うんだから。ますます、わからないわよっ!母の施設(特別養護老人ホーム)では、面会前、マスク着用とアルコールで手を消毒することを強く言われています。聞こえないからとマスクを取るわけにいかず、外部か ...

母は結局、施設に入所になったわ。昨年の暮れに肺炎で入院した友人のお母様。お元気で、一人暮らしをされていました。同じ敷地内に、お母様とは20歳近くの年の差の叔父様がいて、彼女達姉妹の代りに面倒を看てくれていたのだそうです。入院で歩けなくなって、このまま家へと ...

母を介護老人保健施設(老健)にお願いした今でも、入所させる理由はなんだったんだとずっと、考え続けています。在宅介護をしようと思えば出来たのに施設へ入所させた言い訳を一生懸命に探しているのです。一番大きな理由は、歩行が出来なくなって、自力でトレイへ行かれな ...

大田区の特別養護老人ホームの優先度評価は、年2回、9月と3月に実施します。9月優先度評価の申込み期間は、3月1日から8月31日まで。大田区は申し込みの対象条件の一つとして、区内に住所があること。住所があっても、待機者は各施設毎に500人から600人いるとのこと。申し込み ...

このページのトップヘ