今日は火曜日。

母の施設(特別養護老人ホーム)での恒例の
ボランティアと文福の散歩。

そして、面会時間を短くするためでもある、
集団リハビリに母を連れて参加しました。


母は、これもいつものように運針を。

アタシは、そんなこと、しないわよ。
と言いつつも。

そのとき、作業療法士さんがアタクシの隣に
来て、お話をしたいと言ってきました。

聞いてみると、なるほど、施設にはあるある
ということかもしれないと感じました。


実は、ご家族の方にさせている私が悪いのですが、
あんずさんの行為が、責任問題になったらどう
するのかという意見を言われたんです。

それも、私に直接、言ってきたのではなく、
ひとづてというか、陰口というか・・・。

いつもはガハハと大笑いをする作業療法士さん、
いつになく、真剣な顔で言いました。

こういう問題は、施設長に提議してきちんと
話しをして、その結果をあんずさんにお話を
しなくてはいけないのですが、先に言います。


集団リハビリからユニットに戻るとき、同じ
ユニットから参加しているOさんを母と一緒に
戻っています。

同じユニットということもあるのですが、
このOさん、母と同郷なのです。

それも、母のすぐ上の姉(伯母)が住んでいた
地区の小学校の先生でした。

それもあり、自力で歩けるOさんにアタクシの
肩に手を置いて貰い、母の車椅子を押しながら、
ゆっくりと歩いて行っていました。


問題だとした某職員さんは、その光景を見て、
「もし、そのとき、Oさんが転倒したら、どう
するのか。責任問題になる。」と言ったよう
なのです。

アタクシは、Oさんの歩みに合せてゆっくりと
歩いていたつもりなんですが。

危なっかしく見えたのでしょうね。

その職員さんが心配されるのもわかるような
気がしました。


でも、Oさんと母と一緒に廊下を歩きながら、

ママ、Oさんはね、かおちゃん(伯母の名前)の
住んでいた小学校の先生やったんよ。

すると、認知症の母は、前回のことも忘れて
大感激するのです。

まあ!、○山の?!、こんな近くに姉とご縁が
ある方がいたなんて。よろしくお願いしますね。

Oさんも、毎回、よろしくと頭を下げて下さる
のです。


ユニットでは、もちろん、そんなことを忘れて
いますから、お互いに知らん顔です。

Oさんも後遺症で、あまりお話はされません。

集団リハビリから帰るときだけが、お互いの
コミュニケーション。


あとは施設、というか施設長さんが判断する
ことで、アタクシは、どっちでもいいんです。

お節介オバサンの違法行為だったかも。

005

施設内の人間関係も垣間見た気がしました。

意見した職員さんも、プロ意識があるかこそ、
素人に任せるのはどうかと思われたのでしょう。

いやいや、視点が違うと感心してしまいました。

ま、アタクシはどっちゃでも、よござんす。


ブログをお読み下さり有難うございました。
応援頂ければ、幸いです。



人気ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村


スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (10)

    • 1. レイジ
    • 2019年04月17日 05:58
    • 気を使ったつもりが、おせっかいだったり、することもありますね、この場合は、何かあると責任問題になりやすいので注意されたのでしょうね。老人ホームではあるあるの問題でしょう。
      10連休で公共サービスがかなり停止されますので、ごみ処理、通院、投薬などは確認をされた方がよさそうです。私は田舎なので、ごみの処理待ちに問題は出ないのですが、あんず様は都会なので、特に生ごみは問題となるのではないでしょうか。10連休あっても介護にはあまり必要はありませんね。まあ、テレビで10連休の楽しさをみるだけですかね。
    • 2. ロコ
    • 2019年04月17日 10:10
    • あんず様、おはようございます。

      良かれと思ってやった事が、別の思惑にかかってしまうのは、気持ちよくないですよねえ。
      それが回り回った陰口では尚更。

      誰が責任とるんだ!?と危機感を感じた人が、作業療法士さんのために、作業療法士さんに直接好意で言ってくれるなら、
      そう言うこともありますか…
      では あんずさんにも相談して、こうしなくてはね…
      という話になるなら、誰も嫌な思いをしないのにね。

      母がお世話になっているデイサービスでは、それでなくても常に介護士さんを募集しているのに、最近 職員さんが立て続けに辞めたのか、運転手さんの募集の張り紙まで増えました。

      朝は私がデイまで母を送っていくので、いつもその張り紙の所に車を停めるのですが、よくよく見てビックリ。

      早朝から結構な長い時間、癖のある老人や身体の不自由なお年寄りの介護をするのに、それこそ責任も伴うのに、
      正社員ではなくパート求人で、時給が890円でしたっけ!?

      これなら生協の四時間パートの方が楽かも。
      と、思ってしまいました。

      こういう職場って、結構 人間関係が難しい事も多いようですから。
    • 3. ももだよりのもも
    • 2019年04月17日 18:34
    • あんず様施設もいろいろあるんですね。あんず様はよくやってらっしゃいますよ。
      私の母はばばがショートステイにいきたくないのなら毎日デーにやりたいかんがえです。
      あんまりかわいそうでばばが風邪でも咳止めのまさないなかったのでわたしがのませました。
      ばばは私に98歳のばばに強くいってとおこっていました。
      でもショートステイにはいきました。
      亡くなった人の家族におくやみをいっておこっていました。
      その方はばばよりはやく認知症があったようです。
      よくしてあげてるけどもっとしてあげてと言われましたが
      そんなこと私にはできないのでごめんねばばといいました。
    • 4. 福童
    • 2019年04月18日 00:37
    • あんず様
      気まずい経験ですねぇ。内部の人間関係まで利用者家族に推察させてしまう対応は如何なものかと思います。
      何となくですけれど、老健で3ヶ月、そして特養を30ヶ所見学した経験で私が感じたのは、介護業界ってのは減点主義が主流でスタッフの人間関係が難しそうだなということです。
      特に3ヶ月入所していた老健は各スタッフの言うことがバラバラで相互の信頼関係もほぼ感じられない最悪の状態でした。私が特養を30ヶ所も見学したのも「こんな老健、信頼できない。一刻も早く出たい」ということも大きな要素でした。
      特養に関しても、さすがに30ヶ所も見学すると、スタッフが無気力か否かは見分けられるようになってきました。今、母がお世話になってる特養はスタッフが体育会系なムードでとにかく元気が良いので私としては信頼しているんですが、実際のところはどうなのか、知りたくない謎ではあります。
      ま、利用者が転倒すればスタッフさんは報告書を作成しなきゃならない訳だし、突然ギャーギャー文句言いだす家族もいるかもしれないし、施設側としては慎重にならざるを得ないんでしょうけれど‥‥。でも、人のミスをギャーギャーと指摘して大騒ぎするようなスタッフがこの業界にはどうも多いような気もします。きっとみんな疲れてるのかもしれませんね。
      私は自宅介護の頃に何度も母を転倒させましたから、たとえプロの介護士であっても自由気ままに動く認知症の母の転倒を100%防ぐことはできないと思ってます。「金払ってるんだから完璧にやれよ」てなことは言う資格もありません。なにせギブアップして丸投げしてるんですから。
      私の勝手な推測ですが、業界が減点主義ならせめて私はスタッフさんのお仕事に対して加点主義でありたいと思ってます。私は丸投げの零点娘なんですから。
    • 5. ケイ
    • 2019年04月18日 10:30
    • あんず様 おはようございます。

      いづれ どんな形にせよ あんず様の
      お耳に入った今回の事 でありましたね。遅かれ早かれ 形は別として・・。

      そんなんです。家族さんと家族さん以外の利用者さんの関わりには 施設側も
      気を使います。利用者さんの体に触れる これ暗黙の定義があって 座位中は
      事故の確率は格段と低く 利用者さん以外の家族さんが触れ合うのは微笑ましく見守る事は出来ますが 歩行中となると別です。たとえ 歩みが遅かろうとも
      スタッフ以外の他人の家族さんが歩行中関わるのは万一何かあっては・・なんです。責任の所在。
      私 20年程 介護職に付きましたがその間ヒヤリハットを書いた経験あります。こんな事も⁇ヒヤリハットなの⁇と、思いつつも
      二度と起きない様 勤めて参ります!と、宣言する訳です。当たり前と言えば当たり前の事なんですが、徘徊の方達への対処は経験されないと分かりませんよ。もういろいろ etcです。
      疲弊もしますよ。ギスギスもなるでしょう。綺麗事じゃないんですから
      人間の 深部 心部 を家族に変わりみるんですから・・。対価があっても 理屈じゃあないですからね。介護は。
      あっ、すみません‼︎ なんか^^;

      義母の施設へ面会に行った時に気をつけているのは 歩行中の利用者さんの体に触れないということです。
      でも 座位の利用者さんに対してはバンバン
      ボディタッチしまくり 楽しいひと時送らせてもらってます♪事故確率0だから スタッフさんも
      盛り上げてくれて助かるわ〜的に見て下さってます〜笑

      あんず様 ご注意して頂けて良かったですね。あるあるの話しというより
      預かる側に対し 預ける側のなるほどの 話しで、ございます。
    • 6. あんず
    • 2019年04月18日 11:04
    • レイジ様、こんにちは。施設には施設のルールがあるので、それに従おうと思います。母に何かと刺激があったほうがいいかと思ったので。でも、責任を考えると、やはり、送迎は職員がやるべきなんでしょうね。あとからいただいたコメントを読んでなるほど、と思いました。個人的な事由よりも、全体をみないと。10連休。まず、関係ないですが、公共サービスには困りますね。母の心配はしなくていいので、それが、一番です。在宅介護の方々は気遣いが多いことでしょう。私には、いつもの平日と同じです。そそ、テレビは海外ドラマ専門チャンネルの一気見です。
    • 7. あんず
    • 2019年04月18日 11:12
    • ロコ様、こんにちは。

      私は、施設側の方針に従うだけ。
      作業療法士さんに迷惑がかかったことが気になります。
      とても、ざっくばらんでおおらかな方なので、その方が辞めるなんて、
      ことにならないようにと思います。

      どこも、同じような関係なんですよね。
      たった数日のバイトでも、人間関係はある。
      それは、人間だから・・・

      正規職員より、非常勤職員で働いたほうが楽というか、
      子育て中はそのほうがいいとも言っていた方がいました。
      働き方改革なんでしょうか。
    • 8. あんず
    • 2019年04月18日 11:16
    • ももだよりのもも様、こんにちは。

      ばば様はお友達の死に対して、ちゃんとお悔やみの気持ちがある、
      すばらしいですよね。
      それがあるから、認知症ではありませんね。
      私の友人で、ショートへ行かせず、6日間ずっとデイ、
      とケースもあります。
      1泊でもショートで、ご家族に一時の休息があるなら、
      ばば様に行っていただきましょう・・・。
    • 9. あんず
    • 2019年04月18日 11:28
    • 福童様、こんにちは。
      はい、 気まずかったです。
      その作業療法士さんに、そそ、おっしゃるとおり、減点がつき、
      ボーナスに響くことを思うと・・・。
      「あんずさんに一緒にOさんをお連れ下さることは、
      私的にはOKなんです。」とはおっしゃっているんですが。
      でも、ほかの職員さんと気まずくなんて、辞めるような
      ことになってはと言うと、
      「そのときは、辞めます。」ときっぱりと言われてしまって。

      母も実際、夜間に居室内で転倒し、ひざを強打しましたが・・・。
      20人を1人で面倒を見ている状況で、
      ほんに、完璧なんかありえないでしょう。
      えーっ!!、と転倒を聞かされたときは、一瞬思いました。
      しかし、福童様と一緒です。
      在宅介護を放棄して、私も施設に丸投げしてしまったんですから、
      文句は言えません。
      私のおせっかいでことが済めばと思っています。
    • 10. あんず
    • 2019年04月18日 11:34
    • ケイ様、こんにちは。

      介護職の経験のある方のお話だけあって、説得力があります。
      そうですね、大丈夫、と言っても、何が起こるかわからない。
      責任の所在を考えると、おっしゃるとおり、歩行中の方に触るのは
      よくないですね。

      ちゃんと、理由も聞けば、そのようにしようと思いましたもの。
      有難うございます!

      入所者の送り迎えは、大丈夫とわかっている方でも、
      職員にお任せすべきですね。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット