姪は、アタクシよりも認知症患者相手が上手
なんです。

父方の祖母である母より、母方の祖母が先に
認知症を発症していました。

さらに、義姉である母親が大腸癌のステージⅣ
であったことで、母親の代わりに施設に居た
祖母の面倒を看ていました。


T(義姉の旧姓)のおばあちゃまは、どうも、
おかしいとわかってから、あっというまに
症状が進行していったからね。

でも、Kのおばあちゃまは、見た目は認知症と
思えないほど元気よね。


母の塗り絵を1枚ずつ、母と一緒に見ながら、
話しをしていました。

母は自分が塗ったことを忘れて、

これは、綺麗に塗れていて上手よね。

アタクシなら、

ママ、これ、ママが塗ったんよ。

と言ってしまうのですが、姪は、否定もせず、
母に同意していました。

鬼娘とは違い、孫は優しいのかもしれません。

それでも、話が途切れると、姪は、

今日はお天気がいいわねえ。

と、新しい話題に振ろうとしました。

それを数回、繰り返したところ、いきなり、
母が申しました。

何度、天気のことを言うのっ!

意外に、しっかりしているというか・・・。

012


姪がアタクシに言いました。

お姉ちゃま、おばあちゃまは、まだまだ生きる
わね。
ひょっとして、お父さんの方が先かもしれない。


ブログをお読み下さり有難うございます。
応援頂ければ、幸いです。




人気ブログランキング


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村


スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (5)

    • 1. ロコ
    • 2019年04月15日 10:38
    • あんず様、こんにちは。

      姪ごさんは、あんず様よりも認知症患者のお相手が上手…

      姪ごさんは、優しくて利発なんでしょう。
      それはそうなんでしょうが、
      母方のお婆様の施設に通って介護したときも、今回のようにたまに、あんず様のお母様を見舞うときも、きっと私たちのように、常時修羅場を継続的に経験したわけではないので、まだまだ心の許容量に余裕があるのかもしれませんよ。

      きっと、私だって あんず様だって、母親を介護した経験からも、他人である認知症患者さんやお年寄りには、他の方よりも優しく上手に接しているのではないでしょうか?(^^;

      全てに関わらなければならない人には、近ければ近いほど、そうそう優しい気持ちだけではいられません。
      たまにこのブログにそういう方がいらっしゃいますが?
    • 2. ももだよりのもも
    • 2019年04月15日 19:52
    • あんず様今年の3月にばばの日本舞踊の友達が92さいで老衰のようになくなったようです。
      その人のことばばにそれとなく話すとしっていました。
      よく私ともしゃべり京都の南座に歌舞伎をみにいっていた中でした。
      今日は祖母のお昼のごはん作りをしました。
      そのあと祖母がぬって私が反対から私の繕い物をしました。
      塗り絵も上手だねっていってあげました。
      92さいまでよういきたなといっていましたが母にしたらばばのほうがよく生きてるっていいます。
      ばばの昼食をつくってやっと母からありがとうと言われました。
      普段はなにもいいません。おしっこがだだもれだそうです。
    • 3. ももだよりのもも
    • 2019年04月15日 19:54
    • 追伸さすがまごは認知症の取り扱いがうまいですね。
      私もそうですけど
      ばばとはわたしだけがしゃべります。
      ばばとね。
    • 4. あんず
    • 2019年04月17日 02:00
    • ロコ 様、こんばんは。

      姪は、亡くなった義姉が、自分の母親の認知症で苦しんでいたことを
      知っています。
      一人暮らしをしていた祖母が、夜中に電話してきて、
      お金がない、盗られたと言う。
      すると、義姉がタクシーを飛ばしていく。
      風邪を引いたと病院に行っても、行ったことを忘れて、別の
      クリニックへ行く、そして、薬を飲み過ぎて救急車騒ぎ。
      その都度、義姉と共に祖母の家へ行っていたようです。
      義姉が抗がん剤治療中は、施設へ行っていたのは、姪。
      全く、介護に携わらなかったのは、兄。
      義姉の愚痴は聞いていたようでしたが。

      確かに祖母と孫というワンクッションあるのは、
      母と娘のダイレクトとは違う関係でしょうね。

      他人だから、優しく出来る、母娘だから、強い口調になる。
      今日もそんな話をしました。
    • 5. あんず
    • 2019年04月17日 02:07
    • ももだよりのもも様、こんばんは。

      92歳でも長寿ですよね。
      ばば様がちゃんとそのお友達の死をわかっておられる。
      それが、凄いです。母には無理なことです。
      それだけ、ばば様は認知症ではないということです。
      オシッコが漏れるのは、年相応ですよね。
      だって、私だって、オット~という時がありますもの。
      もも様とおしゃべりをするのが、ばば様が長生きされる
      要因の一つでしょうね。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット