火曜日の今日、母の施設(特別養護老人ホーム)
では、一階の地域ホールを利用し、で入所者の
方々にコーヒーか紅茶を喫茶店風にお出しして
います。

そこでは、ヤクルトの販売、パンや食料品の
店がお菓子のほか、納豆、ふりかけ、ジャム
なども売っていて、欲しいものが買えます。


今日は、ご家族の方が5組も参加されるなど、
いつもよりも賑やかで、ボランティアである
アタクシ達も、てんやわんやでした。


参加人数が増えたので、定位置に座ることが
出来ず、違うテーブルとなる方がいました。

認知症のない猫のユニットに居る方の前に、
同じく犬猫のいない普通のユニットに居る方が、
座られました。

コーヒーを淹れていたアタクシに、漏れ聞こ
えてくる婆様二人の会話。

あたしはね、昭和3年生まれなの。

妹と同じ年ね。それじゃあ、私の方が年上ね。


その会話に、また、同じテーブルの爺様が、
加わりました。

小学校の頃の話をされているようでした。

すると、爺様が大きな声で歌い出しました。

♪昭和 昭和 昭和の子供よ僕達は♪

昭和の子という歌があったとか。


アタクシも昭和生まれの昭和の子ではござい
まずが、高齢者と呼ばれるにはあと2年先。

少々、複雑な気持ちで聞いておりました。

011

ユニットを後にするとき、母の大きな声が
しました。

ミック君のお母さんと話をしているようでした。

家にはね、両親が居るのよ。

すると、ミック君のお母さんは、まさか?と
いう返事をしていました。

ほんま、はぁ?の話し。

90歳を越えた母の両親が生きているはずはあり
ません。

認知症のないミック君のお母さん、すんません。
イラッとされていることでしょうねえ。


ブログをお読み下さり有難うございます。
応援頂ければ、幸いです。




人気ブログランキング


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村




スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (8)

    • 1. ロコ
    • 2019年04月10日 10:42
    • あんず様、こんにちは。

      今週は母の病院やワンコの狂犬病の予防注射。
      おまけに明日は、母のたった一人残った妹である伯母を、従姉妹が実家に連れてきてくれると言うので、実家の掃除にお茶の用意にお土産の用意。
      私にとっては心身ともに負担が大きい週です。

      母の用事で忙しくしているのに、どうでも良いことや、他人の事だけが気になって、同じ話を何度も何度もされる。

      一丁前のこと言うなら、少しくらい自分のことやれば!?
      ついつい嫌みが出ます。
      言ってもしょうがないのに。
      気が変になりそうです。
      というか、長年介護している時点で、自分でも私の精神が正常だとは思っていませんが。(ToT)

      周りが殆ど?全て?認知症の老人の中に、気持ちだけは正常な方が、毎日毎日一緒にいらっしゃる…
      もし私がその立場だったらどうだろう!?
      と、思ってしまいます。

      私など、毎日 母一人の話を聞くだけで、頭が変になっているのですから。(^^;
    • 2. 福童
    • 2019年04月10日 19:50
    • あんず様
      今さらですが、母上様はもしかして大正14年生まれですか?
      とすると、大正、昭和、平成、令和と四時代を生き抜かれてる訳ですねぇ。力強い!ご立派です!
      ウチの母は昭和6年生まれ。どうやら八千草薫さんと同い年らしい。美貌はさておき、脳ミソのやられ具合には驚くべき差があります。
      先日の面会では、何が気に食わないのかウンともスンとも答えない。持参したおやつにも手を付けない。看護師さんが言うには私が来る直前までご機嫌でスタッフさんとお喋りをしていたそうです。こういう態度を見ると、母はとことん私のことが嫌いなんだろうなと思います。ま、私も嫌々来てる訳ですが、母が嫌々私に会っているのなら「来なきゃ良かったよ、まったく」という気分が益々噴出しストレスはマックスに至りました。
      すると、母がおやつを指さして「これ、持って帰ろうか」と喋りました。
      は?持って帰る?は?家に帰るってことか?
      私はひたすら「意味が解りませーん」という振りをしてすたこらサッサと逃げました。この間45分。45分も我慢してこの結論はとんでもない疲労を呼び、帰りにマッサージに飛び込みました。
      私はこんな不毛な面会を繰り返しているのに、弟夫婦は10連休に旅行をするそうです。
      全く不愉快な10連休です。
    • 3. tomozou
    • 2019年04月10日 22:04
    • あんず様
      お久しぶりです。ほぼ毎日ブログは拝見しております。前回母の食事拒否が改善してきた旨コメントさせて頂きました。今年に入って転倒を繰り返し、ついに大腿骨骨折で入院となりました。
      以前の食事拒否が再燃するのが心配で、毎日病院へ食事介助に通っていましたが、しばらくしてやはり拒否がでました。骨折の痛みと毎日続く点滴、両手の拘束等、高齢の母にとっては耐えられない環境の激変だったのでしょう。認知症も進み、精神不安定な症状がでて、退院後も毎日食事介助に通っています。私自身も強いストレスを感じながらも、続けているのは、実は母の為ではなく、私自身への意地なのではないかと、福童様のコメントを読ませて頂いて感じています。

    • 4. あんず
    • 2019年04月10日 23:14
    • ロコ 様、こんばんは。

      そそ、在宅介護中のお客様は、負担になりますよね。
      「どうでも良いことや、他人の事だけが気になって」
      それも母と一緒です。認知症あるある、なんでしょうか。

      いやいや、ユニットの出入り口を閉めたとき、
      ミック君のお母さんがお気の毒になってしまいました。
      私も母の話には苛立ってしまうんですから。
    • 5. あんず
    • 2019年04月10日 23:59
    • 福童 様、こんばんは。

      母は大正13年生まれです。
      先日、「大正、昭和、平成、令和と四時代」の話をしました。
      へー、と言うだけ。わからないようです。

      母は私が面会に来ることは、迎えにきたと思うのです。
      ひょっとして、お母様も一瞬、一緒に帰ろうと思われたのでは?
      面会も、問題がなくても、クタクタになるのに、大変でしたね。
      10連休近くになると、テレビでも、連呼ですものね。
    • 6. あんず
    • 2019年04月11日 00:20
    • tomozou 様、こんばんは。

      あら、大腿骨骨折されたのですか・・・。
      母の時も、同じく、食事拒否に、認知症も進行、
      暴力婆さんになりました。その上、ろう便をやってくれて・・・。
      痛みや拘束がなくなると穏やかになることでしょう。
      病院へのお見舞いは大変でしょうが、頑張ってください。
    • 7. tomozou
    • 2019年04月12日 20:08
    • あんず様
      こんばんは。本当に暴力婆さんで、食事を吐き出して叫ぶ時は、形相が悪魔のようです。
      でも弄便が無いだけ、まだましなんですね。痛みが軽減してきて穏やかになることを、祈ります。
    • 8. あんず
    • 2019年04月13日 00:05
    • tomozou様、こんばんは。
      そそ、悪魔のような形相!!、よくわかります。
      痛みが取れることもですが、退院すると、悪魔はいなくなります。
      拘束されることが一番嫌みたいです。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット