今日は近々始まる一週間の出稼ぎ(バイト)の
研修があり、東京へ。

そのバイトで知り合った大田区の元家のご近所
さんとCAFE de CRIEでのランチ。

アタクシは研修済みで、彼女は夕方の回への
参加で、久々におしゃべりをしましょうと。

彼女は、三姉妹の一番上のお姉様とともに、
胃ろうのお母様を自宅で看取った介護の先輩。

介護について愚痴れる友人でもあります。

今はとても元気な母ですが、いつどうなるのか
どういう最期になるのか、気になるところなの
です。

先日、母のユニットの入所者さんで、突然に
水分も食べ物も飲み込むことの出来なくなった
方がいました。

このまま、自然に最後となるのかと思っており
ましたが、2週間ほど入院されました。

今は、また、施設に戻られて寝たきりですが、
流動食のようです。

そんな話を彼女にしました。

もし、母がそういう状態になったら、たぶん、
そのまま、施設でと思うわ。
病院で点滴をするとしたら、拘束されることに
なって、また、暴れる可能性もあるしね。

あんずさん、そのときにならないとわからない
ものよ。
そう思っていても、長生きさせようとするもの。
私は母に胃ろうして、介護してよかったと今は
思うもの。


その場面に遭遇しないとわからない。
確かにそうかもしれません。

まだ、経験していないことなので、どのような
判断をするのか。

なってみないとわからないのかも。

でも、覚悟はしています。

005

そして、彼女は言いました。

認知症ではっきりとしない母だったけれど、
2年間、姉と介護をしてきて、母との時間を
過ごせたことは、今でもよかったと思ってる。

アタクシも、そう思えるのでしょうか。


ブログをお読み下さり、有難うございます。
応援頂ければ、幸いと思っています。



人気ブログランキング


にほんブログ村 介護ブログ 親の介護へ
にほんブログ村



スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (8)

    • 1. ロコ
    • 2019年04月07日 09:57
    • あんず様

      私と同年の友人は、お兄さん家族が実母と同居でしたが、認知症になって施設に入ったようです。
      最後はやはり食べ物を受け付けなくなったのですが、お兄さんが、そのまま自然に見送るという選択をし、友人はかなり複雑だったようですが、夫にも、余計な口出しはしない方がいいと言われ、静かに見送ったようです。
      そうですよね。
      同居したのも介護したのもお兄様ですもの。

      (友人も長男で同居の環境に嫁に行き、苦労もありながら、義親を介護しました。)

      前にも書いたかもしれませんが、うちの夫は、義母はもうダメだし、いつまでも点滴をしていても本人が苦しいだけだから、点滴をはずしましょうと医者に言われても、少しでも生きてほしいからと、点滴を外すのを嫌がった人です。

      義母、もう身体に入っていかない点滴を無理矢理されて、ウンウン唸って苦しそうで、私は気の毒でした。

      難しい話ですね。
      残される方の、逝く人への執着みたいなものが見えました。

      私は少なくとも、母と夫には、執着しないでしょう。(^^;
    • 2. たまのママ
    • 2019年04月07日 14:08
    • あんず様こんにちわ
      その時にならないとわからない……
      ですね。昨年入院した時は延命しない、余計な事しないと、決めてたのに、大学病院に行き認知症の薬やめて様子見て……と言われ、元気になった父
      あの時大学病院に行かなかったら、どうなってたのか?
      また入院になったら、今度こそ何もしないと、決めてますが、どうなるか……
      今朝、伯母が亡くなったと連絡ありバタバタして、父の面会は延期しました。
      書類は、来週まで、焦る事ないし
      伯母は明治生まれで100まで生きると言われてました。きつい性格で上から目線で私は、嫌いでした。
      あんなばあ様にはならないと反面教師にしてました。
      認知症ではなかったのですが、グループホームに入所してました
      父のグループホームから近かったのですが、面会も行きませんでした。 
      聞いた話しだと、父のグループホームの方が綺麗でスタッフも良かったと言われて、勝った‼なんて、思ってました
      私が葬式出席しますが、今週は、予定あったのに~
      あ~あ、です……
    • 3. ももだよりのもも
    • 2019年04月07日 19:41
    • あんず様安心介護の方にも書いたのですが母が主なので、ばばがどうなるか延命するか
      わかりません。母はあまり介護をしたくないことをばばもわかっています。
      難しいですよね。
      バイト頑張ってくださいね。
    • 4. レイジ
    • 2019年04月07日 21:46
    • あんず様色々な考え方があります。私は神様ではないので気にならないのですが、皆様は事前に考えたことがうまくいかなかっただけなのに悩んでるのでしょうか。と言えるだけ人生を過ごしていません。やっぱり心残りがあります。人生は意外と長いでも考えないとすぐに過ぎ去るようです、私も子供のころにいつも全力投球で行けていればと思います。
      これからは、出来ることだけでもやってみましょう、私もブログで書いてみます。
    • 5. あんず
    • 2019年04月08日 20:48
    • ロコ 様、こんばんは。

      私も兄も、延命処置はせずにそのままを考えています。
      但し、そういう場面のときに、母本人が生きたいと訴えるなら、
      話しは別です。
      何も、反応がないなら、そのまま。

      水分や点滴が身体に入っていかないのは、もう細胞が
      受け付けない状態になっているので、おっしゃる通り、
      本人が苦しいのだそうですね。
      私は、なるべく、入院せず、そのまま看取りたいです。
    • 6. あんず
    • 2019年04月08日 21:14
    • たまのママ様、こんばんは。

      伯母様は明治生まれでしたか。
      あと少しで、令和でしたのにね。
      ご冥福をお祈りします。

      昨年のたまのママ様の判断は正しかったと思います。
      たぶん、そのときに、大学病院へ連れていこうと思ったことが、
      自然なことだったのでしょう。
      あとは、お互い、神様の言う通り、ってところでしょうか。
    • 7. あんず
    • 2019年04月08日 21:20
    • ももだよりのもも 様、こんばんは。

      そうですね、お母様が決めることで、
      ばば様がお元気だったら、ご本人が決めることですよね。
      色んなケースがあるので、これだとはいえませんね。
      バイト、頑張ります~。
    • 8. あんず
    • 2019年04月08日 21:32
    • レイジ様、こんばんは。
      これから出来ることは少ないかもしれませんが、
      出来るだけやっていきたいと思います。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット