Livedoor NEWSに紹介されていた記事です。

現在の日本人女性の平均寿命は約87歳。

今まで、80代と50代が多かった母娘間の介護も、
高齢化によって90代と60代まで上がっている。

そんな“90歳を超えた老母の介護と看取り”を
当事者が自らの経験を語る――。


認知症の母、別人と思わなければ殺していた


現在はフリーの編集者で、一人暮らしを余儀
なくされた認知症初期の母親と同居して介護
した記録のエッセイだそうです。

2015年には徘徊が始まった母親、ママリンと
それに格闘する娘アッコのひと夏の様子が、
ドキュメンタリー映画「徘徊 ママリン87歳
の夏」となりました。

その後の4年も含めて、介護エッセイを出版
されたそうです。

「別人と思わなければ殺していた」
こういう思いを抱えて介護した家族、現在、
それで苦しんでいる家族がいると思います。

そう思っていいんです。

アタクシも思いましたから。
「死んじまえ」って。


「愛せなくなったら? いやいや、愛さなくて
いいんですよ(笑)。
認知症ってわかってたって、腹立ちますって。
だから我慢しないで『うるさいな、黙っとき!』
って言っちゃえばいいんです。

どうせすぐ“忘れちゃう”っていう認知症の
特性を、こんなときは最大限、活用させて
もらえばいい。


やっと、アタクシも、どうせすぐ“忘れちゃう”
を活用出来るようになりました。


006

ボケリン・ママリンの観察日記というブログに
内容がわかりやすく紹介してあります。

ママリンの12年が本になりました
『認知症がやってきた!』なのだ。


早速、アマゾンに注文しました。




スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (14)

    • 1. にゃんズの母
    • 2019年03月09日 10:07
    • おはようございます、あんず様。

      ブログには記していませんが、最近いろいろありまして、少し疲れています。
      親って何?認知度って何?
      全て子供任せで、それでいて気に入らなければ文句を言う。
      美代さんは「忘れた」を連発するも、自分に重要なことはしっかり憶えている。
      そして面倒なことがあると「知らね」と言い、あたしに振ってくる。
      いっそのこと、認知度が進み何もわからない状態になってくれた方がマシ。
      と、思ってしまいます。

      ひねくれ者のあたしは
      「美代さんなんて大嫌い」と、声を大にして本人に言い放ちたい。
      でも、それさえもできずにイライラが募る。
      そして、それでも親だから仕方なく介護している。

      すみません、愚痴ってしまいました。
    • 2. ももだよりのもも
    • 2019年03月09日 18:42
    • あんず様昨日ばばがいったことで父に暴言はかれました。
      いっそ死のうと思っていたけど傾聴の先生に電話してきいてもらって
      やっと生きてます。
      その顛末はブログにかくのでよんでね。
    • 3. 福童
    • 2019年03月09日 21:23
    • あんず様
      私もこの本を早速注文しました。教えていただいてありがとうございます。
      と言っても、ウチの母も既に記憶回路が壊れてますから騙し放題。「ちょっとトイレに行ってくるから」と言って面会からドロンしても気付かず騙されてくれます。在宅介護の頃から比べればホントに楽なものです。
      母の認知症が日進月歩で進み始めた頃、最も困ったのは家電製品の操作が全くできなくなったことです。テレビ、エアコン、照明等々、リモコンの区別も操作方法も解らなくなり、仕方がないのでリモコンは全て隠しました。照明はできる限り人感センサー付きのものに変更しましたが、今度は大元のスィッチを切ってしまうのでスィッチカバーを探してリフォーム店を梯子して‥‥。
      「この方法なら何とかなるかも」と色んなものを購入しましたが、母の認知症はそれを乗り越えて進みました。
      政府は在宅介護を推奨しているようですが、普通の家で生活すること自体が認知症の高齢者にとって危険が一杯です。手すりを付けたくらいでは安全は確保できません。
      最近、友人が介護生活をスタートしました。私がアドバイスしたのは如何に上手く誤魔化すかということ。誤魔化してでもデイに通わせ、ショートに行かせ、やがての施設入所に備える。あれ?これって私がケアマネに言われてたことだった‥‥。
      誤魔化すことだって容易なことではありませんからね。とてもしんどい。でもやがては容易に騙せる日がやってくる。そして全て忘れてくれる日がやってくる。
      暗い迷路で頭を抱えている皆さん、出口は突然開けます、必ず。
    • 4. たまのママ
    • 2019年03月10日 10:43
    • あんず様こんにちわ
      9月に海外旅行に行きます。
      あんず様、私もバツ1なんです。介護前は独身の友人との海外旅行が楽しみでした。パスポートの期限を確認したら7年行ってないんだあ……7年介護してたんだ……友人も離れ、孤独な介護生活でした 
      特養に入所して少しは楽になりましたが
      まだまだ、終わらない。今は父の事は気にせず、友人と約束出来ますが、離れた友人には連絡してません。縁があればまた、会えるでしょう。
      お願いだから、旅行の邪魔はしないでと、来週面会に行き、話してきます。お母様がアルツの友人は仕事辞めパート探すそうです
      仕事は辞めない方が良いけど、両立は大変。お母様はまだ、暴言妄想がなく、料理しないで、毎日セブンで弁当3個買って来るそうです。次の日、食べなかった弁当を捨てるのが日課になったそうです
      ケアマネにも仕事は辞めない方が良いと言われ、ディ、ショート、老健で家に居る時間を少なくと言われたけど、仕事してても、常に気になる、疲れると。
      昨年、特養の見学かね、友人と父の面会に行きました。
      来週面会に行きますが、行きたくないです。月1なのに。
      在宅介護に比べたら楽なのに。
      アロママッサージして、時間潰します。
      ありがとうございます

    • 5. 山椒魚
    • 2019年03月10日 12:03
    • こんにちは。あんず様

      先日、田舎の同級生たち数人と会い、ひさしぶりに親以外の人と外でご飯を食べ、認知症と関係ない世界で生きてる同年齢の人をまじかにみました(笑)

      集まった5人のうち、私を含めて3人が子供がいなくて、認知症の介護経験あり。2人は子供がいて、お二人とも親は亡くなってたけど認知症ではなかったようです。私だけがひさしぶりに参加した人なので、アレコレ聞くのも気がひけてわかる範囲での推測です。というか、お子さんのいる人のうち一人がしゃべりまくって、近々ご結婚するお嬢さんの結婚式の悩みとも思えないアレコレなどを、「どう思う? どうしたらいい?」と連発してました。

      こういうふうな人生を送れる人もいるんだなあ、こういうおしゃべりを幸せ自慢というのかなあ、と思いました。私の知らない世界(笑)
      私を含む3人と、そうでない2人とは、見た目も違っていて、私たち3人のほうが明らかに老け込んでました。そういうもんなんでしょうね。しゃべりまくってた子のご両親は、認知症を発症する前にご病気でなくなったのかなあ、と、いろいろ思うところがありました。
    • 6. くま
    • 2019年03月10日 16:20
    • あんずさま & 介護戦友の皆々様
        くま母の施設も 2月末でインフル面会制限の解除となり・・・どんよりの日々でざんす。
        施設より 「ご迷惑かけました どうぞ面会にいらして下さい」の連絡もらい 
         内心 いえいえ 全然迷惑じゃなかったよ なんなら ずっと面会制限してくれていいのにと思いながらも・・ 翌日には面会に 重い足をひきずり行き 以後は面会に通う生活に戻りました。 くま母 最近 歩行が弱くなり 今は大丈夫だけど 寝たきりになれば今の施設では無理なので 特養かなあと・・ できれば 今の施設で最後まで・・・ どうなることやら。
      山椒魚様  そそ 介護をせずに親を亡くした友達に 「お母さまを大事にしてあげてね 死んだら寂しいよ」と言われるけど 私は内心(人の苦労も知らずに 優しいこと言ってくれるじゃないの)と思うんだわ。 子供がそれなりに成長してる人もそうよね 子供で悩んでいるひとの苦労もわかってもらえない 
        早い話が 苦労ってさ 経験しないと わからないし 経験しても いろいろ。
          人生いろいろ 介護もいろいろ  チコちゃん の名言だったね
      ギュギュっとハグ  なでなで   よしよし  送りますね   どんよりくま
    • 7. はる
    • 2019年03月10日 17:08
    • こんにちは。
      今回のタイトルとはかけ離れてしまい申し訳ありませんが。

      私は長い介護生活(母から通算15年)のお陰で?
      友達居なくなりました。
      居なくなったと言うよりもこちらから離れて行ったと表現した方が正しいのですが。
      友達との旅行の計画もドタキャン、食事会もドタキャン、同窓会の幹事もドタキャン。
      それでも回りはいつも楽しそうにしてる人達の中には入って行けませんでした。
      ひがみ根性と被害妄想とで自身が殺られてしまいました。
      性格も風貌も大分変わったと思います。
      それでも今後自由になっても断捨離した人達とは戻ることはないでしょうね。
      「変人」と化した私と今でも付き合いのある友人とはこの先も大切にして行こうとは思っています。
      しかし介護はどうしてこうも束縛感に襲われるのでしょうかね。
      性格歪みます!

    • 8. あんず
    • 2019年03月10日 22:05
    • にゃんズの母 様、こんばんは。

      ブログを拝見していると、クスッと笑ってしまうような、
      穏やかな感じがします。

      全て、子供任せをして、気に入らなければ文句を言う、
      これは、まだ、自分で出来る!と自信?がある証拠。

      いやいや、この先、猛獣使い時代がきます。
      その前に、「認知症がやってきた」のなかにもありましたが、
      我慢しないで、「美代さんなんて大嫌い」と言えるときがきます。

      私も在宅介護中に、「ママなんか、嫌い!、今日は帰らない。」と
      30分だけ家出しました。
      家の周りをぐるぐる歩き、コンビニに寄って帰りました。
      だから、大丈夫。
    • 9. あんず
    • 2019年03月10日 22:37
    • もも様は、すでにばば様だけでなく、ご両親の介護もされている
      ようですね。
      娘だから、当たるんですね。
      ご住職が言われるように、ばば様が守って下さっているんですね。
      安心介護も投稿せず、しばらくそのまま様子をみてもいいのでは?
    • 10. あんず
    • 2019年03月10日 23:02
    • 福童様、こんばんは。

      私も、今日から読み始めました。かも時代から猛獣使い時代、
      私には猛獣使いではなく、悪魔でしたが。
      そそ、リモコン隠し、私もしました。
      エアコンの稼働中のグリーンの光を見て、火が出てると
      言い張るので、 紙を貼って隠しました。
      これは、施設のエアコンに対しても言ったようで、ガムテープが
      貼ってあります(笑
      誰だって、自宅で最期を迎えたいもの。政府がそれを奨励しなくても
      いいのではと、いつも疑問に思っています。
      全てを忘れてくれること、私は心待ちしています。
      福童様、本の中に、弟さんのことが出てきますが、
      その処遇が娘と違うので、どこも一緒だと思いました。
    • 11. あんず
    • 2019年03月10日 23:18
    • たまのママ 様、こんばんは。

      私も仕事はやめないほうがいいと思います。
      出来れば、介護に理解のある職場へ移るか、話をして
      時間が自由になるようにして貰ったほうがいいでしょうね。
      そそ、帰る時間が気になるんですよね。
      海外旅行へ行かれる計画、いいですね。是非、行かれてください。
      応援しています。
    • 12. あんず
    • 2019年03月10日 23:36
    • 山椒魚様、こんばんは。

      子供がいなくて介護経験がある人は、そうでない人より老けているということ、
      実感しています。
      同窓会へ行くと、話題や立場のの違いに考えてしまいます。
      なるべく、介護の話題をしないようにと思うのですが、
      ちょっとしたきっかけで介護の話をすると、私も止まらずに
      話しをしてしまい、しまったと思うことがあります。
      小学校の同窓会は、そんなことはないのですが。
      女子ばかりだと、如実です。
    • 13. あんず
    • 2019年03月10日 23:46
    • くま 様、こんばんは。

      久々のお母様はいかがでしたか?
      私もいつもの通り、一日置きになりましたが、
      これを二日置きにと思っています。
      「お母さまを大事にしてあげてね 死んだら寂しいよ」
      そそ、よく言われます。
      それなら、それでもいいんですが、今が大事ですものね。
      介護は突然に始まり、終わりも突然、のようです。
      「人生いろいろ 介護もいろいろ  チコちゃん の名言」
      そうなんですよね。名言ですね。
      私からもお返しのハグとなでなでを。
    • 14. あんず
    • 2019年03月11日 00:08
    • はる 様、こんばんは。

      よくわかります。
      私も母の在宅介護中、友人達との会合からは離れていました。
      買い物の帰りにカフェでお茶を、なんてことも出来ず、
      短時間で用事を済ませて、とんぼ帰り。
      今、お付き合いをしている友人は、当時は、電話やメールで
      励ましてくれた人達です。
      束縛感、ではなく、束縛そのものです。
      施設に入所した今でも、束縛されています。
      ほんに、歪みますよね。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット