晦日とは、月の最後の日。
大晦日とは、一年の最後の月の最終日。

アタクシには、大晦日も晦日もないんですけど。

昨日の衣笠商店街は、いつもの人出より多く、
ここへ引っ越してきて、こんな混雑ぶりがある
とは思いませんでした。

あっというまの一年。

昨年も1ヶ月間熱が下がらず、こりゃ、アカン
かもと思いました。

今年も、9月、夜間に転倒して、右膝を強打、
「偽痛風」という摩訶不思議な病気にもなり
ました。

おっかさん、何もなくてよかったね、なーんて
いう一年は、ここんところないねえ。


認知症の症状は、カメの速度でゆっくりと進行
しています。

ラッキーなことに、直近の記憶が抜け落ちて
くれるようになりました。

アラ、アナタ、来てくれたのね。

と、アタクシを認識するものの、直後に母は
トイレへ行くと、アタクシが来たことを忘れて
しまう。

トイレが出てくると、同じく、

アナタ、来てたのね。


つい、最近までは、帰る段になって、母に、
じゃあねと声を掛けると、

帰っちゃうの?、一緒に帰る!!

と言われて、クドクドと大嘘こいて、母を宥め
賺して、手を振り、施設を出て、後ろ髪を引か
れる思いでした。

それが、リビングに母を連れ出して、部屋を
片付けるからと声をかけ、その場を離れると、
母は、アタクシが面会に来たことをすっかり、
忘れてくれる。

それを利用して、声を掛けずに施設を出て帰る
ことが出来るようになりました。

その分、母の認知症が進行しているんですが。


さて、明日からの来年は、どうなるのでしょうか。

介護、と言っても、面会に行くだけで、在宅
介護よりも、体力的精神的には楽になりました。

でも、まだ、先の見えないトンネルの中を歩いて
います。いつかは、終わると思いつつ。

010


この一年、ブログをお読み下さり、有難うござい
ました。

介護が楽しい方もおいででしょうが、殆どが、
大変で辛いことでしょう。

独りではないこと、介護をされている方々に
エールを送ります。


スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (6)

    • 1. ロコ
    • 2018年12月31日 21:11
    • あんず様 こんばんは。

      カメの速度でゆっくり進行する認知症。
      色んな速度や症状の方がいらっしゃるでしょうが、うちも同じく、カメのように進行する認知症です。
      が、一昨日、1年ぶりに長女が帰省して、すぐに母の家にお土産を持って挨拶に行ったのですが、初孫で、何かにつけて拘って思い出していた長女を、親戚の子と間違ったようです。
      一緒に行った次女が、違うでしょ!と言っても、私を馬鹿にするの!?と怒ったようで…

      昨日からは普通に分かって接していたのですが、こういうふとしたことを繰り返して分からなくなっていくんでしょうか?
      我が家の大事件でした。

      今年もあんず様にはとても勉強させていただきました。
      ありがとうございました。
      寒さが厳しくなってきましたので、どうぞご自愛ください。
      来年もよろしくお願いします。
    • 2. 福童
    • 2018年12月31日 21:24
    • あんず様
      昨日は帰省した弟夫婦と共に母に面会しました。母は持参したケーキをお嫁さんに食べさせてもらい穏やかな様子でしたが、どうもお嫁さんが誰なのかは認識できていないようでした。常よりも一段と言葉少なで弟の問い掛けにも殆ど答えません。気圧の低い日は調子が悪いので、もしかしたら小雪のちらつく天気のせいかも知れませんが、それにしても最近はめっきり言葉数が減少しています。
      今年は母にとって、歩けなくなって老健に入所、そして特養に辿り着いた激動の年でした。来年はどんな年になるのか、その都度に私は色んな決断をしなければならないでしょう。この数年で鉄の鬼娘となった私は何とか乗り切らなきゃなと自らを鼓舞している大晦日です。
      在宅介護10年のあんず様のブログに出会えたことは、私の介護生活にとって本当に大きな救いでした。
      実は私、あんず様とは同い年。:あんず様が昔住んでおられた阪神間のすぐ近所の人間ですから、時々漏れるあんず様の関西弁がいつも私のお笑いセンサーにヒットしております。どうぞ来年も明るく楽しくお願いいたします。
    • 3. あんず
    • 2018年12月31日 23:45
    • ロコ様、こんばんは

      12年前、このブログの初期のころ、母と同じような症状だった
      お父様を介護されていた方がいました。
      しかし、ほんの1年の間に、症状が進行してしまい、
      にっちもさっちもいかず、お父様をグループホームへ入所させました。
      ところが、入所して間もなく、体調を崩して、これまた、
      あっというまに亡くなってしまわれました。
      そのとき、母の症状は凄まじいものでした。
      だから、あっというまに進行したということが羨ましく思っていました。

      長女のお嬢さんを親戚の子と間違えた・・・
      はい、これも、あるある、です。
      1年近く面会に来なかった兄に対し、最初、「先生!」と
      呼びかけていました。
      私が、それこそ、ちがうでしょ!というと、きょとんとして、
      やっと、わかったようです。
      その2、3日後に、母に「わかんなかったでしょ?」と言ったら、
      「当たり前よ、滅多に来ないんだから。」って
      まともなこと言ってびっくりしました。

      私が面会に来たことを忘れてしまう、ということは、
      そのうち、私のこともわからなくなるということ。
      覚悟していこうと思っています。

      こちらこそ、来年もよろしくお願いします。

      ご家族様、皆様に幸せがありますように。
    • 4. あんず
    • 2018年12月31日 23:53
    • 福童 様、こんばんは。

      弟さんご夫妻と面会されてよかったですね。
      ロコ様へのコメントにも書いたのですが、
      滅多に会わない人を憶えておけ、と言う方が無理なんですよね。
      この頃、面会に行く度に、「どうしていいかわからない」と言います。
      ほんとに、そうなっているんだと思います。
      それが、不安なんでしょうね。
      だからと言って、死ぬなんて思ってないようです。
      そこが不思議です。
      まあ、福童様とおない年なんですね。
      来年は何があるかわからない。ほんま、その通りです。
      でも、目の前のことをやって、過ごしていくほかありません。

      来年もよろしくお願いします。

      良いお年でありますように。
    • 5. ももだよりのもも
    • 2019年01月01日 10:47
    • あんず様あけあけましておめでとうございます。
      あんず様にとって良い年になりますようお祈りいたします。
      1月は病院目白押しです。
      ばばは元気におそばをたべておせちに雑煮をたべました。
      心療内科にばばかかっていましたがこの年なのでいつ入院してもいいように
      内科にかわりました。
      いつも私何歳ときいています。そのつど98歳よといっています
      そうしたら100まで生きるわといっています。
      102歳まで生きたらオリンピック見えるよといっています。
    • 6. あんず
    • 2019年01月01日 22:16
    • ももだよりのもも様、こんばんは。

      あけまして、おめでとうございます。
      今年もよろしくお願いします。

      もも様、お身体に気を付けて、健康にお過ごしくださいね。
      1月は病院目白押し。
      寒い中の通院は大変でしょうが、頑張って下さいね。
      ばば様には確実な目標があって、いいですね。
      きっと、もっと長生きされることでしょう。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット