朝のNHKあさイチの特集が、離れて暮らす親
の介護 ~呼び寄せたらどうなる?~
 でした。

現在のアタクシには、遠距離介護も在宅介護も
なく、母の施設へ面会に行くという介護です。

テレビの特集で介護問題が取り上げられると、
チャンネルを止めて見てしまいます。


田舎に暮らす親を、実際に呼び寄せて、介護
いる方々の経験談を訊くというものでした。

仕事、子育て等で忙しく、電話はするものの、
数年間、実家に帰ることがなかった。

しかし、母親の自動車事故で、帰ってみると、
認知症を発症していた。

半年の介護休暇を取り、母親に付き添ったが、
結局は、介護離職となってしまった。

家族は東京、自分だけというわけも行かず、
母親を呼び寄せた。

今は、それでよかったのか、自問自答して、
近所の施設に週に5日も通ってしまうときもある。


成功例もありました。

両親揃って、呼び寄せ、田舎の家を処分。

処分した金額を、その後、一人になった母親の
有料老人ホーム費に使っている。


遠距離介護で、呼び寄せるかどうか、悩んで
いる人の一番の問題点が、親を納得させること。

成功したという方の話は、両親がまだ、動ける
うちから、田舎を引き払い、近所に移るという
話しをしてきたそうです。

その方の最後の言葉に、胸を衝かれました。

騙し討ちは、いけませんよ。


母も認知症を発症する前は、言っていました。

アタシは、施設に入ってもいいから。
アナタの重荷にはなりたくない。

しかし、母は他人様の世話にはなりたくないと
言い出し、ヘルパー制度、デイセンター通所、
ショートステイ、という介護制度を、すべて、
絶対拒否しました。

アタシは、一人で何でもできるから、家にいる!


アタクシは、大腿骨を骨折した母を騙しました。

退院して、家に帰るつもりだった母を、そのまま
老健(介護老人保健施設)に連れてきました。

老健の入り口で、車の中から、看板の文字を
読んだ母が、玄関で兄とアタクシに言いました。

アンタ達、アタシを騙したわね。


このことは、一生、アタクシの心から消える
ことはありません。

014

週に5日、施設に面会へ行くこともある・・・
そういう気持ち、痛いほどわかります。

ほんとによかったのか、自問自答する・・・。
これでよかったのだと、言い聞かせる鬼娘です。


スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (13)

    • 1. 二児のパワフルママ
    • 2018年12月03日 20:07
    • 騙しうちはいけません、ですか。
      うーん。
      介護に携わる私としては、ある意味理想論ですし、そうあるほうが望ましい。
      また、そうなるように一緒に考える立場でもあります。
      ただ、そう言えるのは、上手くいっているからこそだとも感じます。
      努力も工夫も家族は沢山しています。
      最初から騙し討ちなんてしてない。
      試行錯誤の結果に、色んな結果があるのだと思います。
      はたからみたら、支援者も騙す立場かもです。
      (勿論、騙し討ちにならないように、同意はいただきますが)
      自宅でも施設でも、その人らしくを考えていて。
      でも、介護のせいで家族が潰れたり、その家族らしくならないのもおかしな話です。
      上手くいくからそこ、上手くいかない介護と対比できますよね。メディアの手法も一つですが、対個人の支援だからこそ、正解はないですよね。
    • 2. のえ
    • 2018年12月03日 21:11
    • 5 はじめまして、有料老人ホームで働いているのえと申します。
      僕も今日の朝その番組を視聴しました。色々と思うことはあったのですが、確かに騙し討ちで思うところは色々あるとは思います。でも、客観的に見たら騙し討ちしてでもご本人のためになる選択をしたのならそれは一概に間違った判断では無いと思います。
      なので、あまり悲観なされなくても良いのかなと個人的には思います。ただこれは本当にあ感情を排除した考え方ですので……
      何か偉そうですいません💦💦
    • 3. ももだよりのもも
    • 2018年12月04日 18:40
    • あんず様季節はずれの暑さです。汗だくだくです。
      お母さまお父様の命日覚えていらしてよかったですね。
      私のばばは忘れてますでしょうね。
      あんず様の家での介護限界だったんだと思います。
      だから特養にお母さま入られてよかったと思います。
      私も父と母を介護しないといけないと思ったら
      どこかへ入れると思います。
    • 4. にゃんズの母
    • 2018年12月05日 10:22
    • おはようございます。
      その番組、残念ながらあたしは観ていません。

      昨年の9月、半ば強制的に実家から母を連れ出したあたしです。
      「ばあちゃん、あたしと一緒に古河で暮らそう」
      「いがったぁ、おめがらそう言われるの待ってだ」
      「待っていた」の言葉で納得していたと思っていたのですが、
      先日母の口から
      「おめがオレのごど、無理に連れで来たんだえ」(連れてきたんだろ)
      の言葉が出ました。
      本人納得での同居ですが、日が経つにつれ母の頭の中では「無理に連れ出された」に
      置き換えられています。
      この先も、どんな言葉が出てくるのか正直恐ろしくさえ思います。

      何が最善策なのか、アドバイスは有難いです。
      でも、結局は自分で判断しなければならない。
      ただ、二児のパワフルママ様のお言葉にもあるように、家族が潰れたり・らしくならないのは、あたしも、おかしな話だと思います。
      あんず様、あまり悲観なさらないでくださいませ。
    • 5. 銀子
    • 2018年12月05日 15:10
    • はじめまして。ずっと読ませていただいてるのに初コメントです。
      仕事をしつつレビー小体型認知症の母(70代)をシングル介護して、要介護5になる頃に周囲からもう限界だからと強く言われて、約3年前に特養へ入所させました。

      私を信頼して素直に従ってくれる母でしたが入所には拒否があって、承諾を得ぬままにショートへ行くふりで入所させました。私も強い葛藤があったものの、せっかく特養に入れるチャンスなのだからと自分に言い聞かせて…。

      入所当初は我慢して何も言わなかった母ですが、2~3ヶ月経った頃から唐突に「あなたは私をだましました」と頻繁に言うようになり、それが入所のことだと気づいてからは言われるたびに心が痛みました。
      今でもごくたまに「だました!だましたよね?」といきなり言います。「なにを?」と聞くとうまく答えられないのに、だまされたという気持ちだけ残ってるのでしょうね。
      週3~4回面会に行く理由は、やはり母への償いの気持ちが大きいです。あんず様の気持ちが手に取るようにわかります。

      あんず様もよく面会にいらっしゃいますが、他の利用者さんから「娘さんがよく来ていいわね~。親孝行な娘さんね」とか言われませんか?
      親不孝だからこうして来てるのに…と思いつつ、どう返事をしていいのか、いつも戸惑ってしまいます。
    • 6. あんず
    • 2018年12月05日 20:01
    • 二児のパワフルママ 様、こんばんは。

      お久し振りでございます。
      コメントを有難うございます。
      私も、親が納得してくれるのが一番だと思うのです。
      介護に関しては、認知症を発症してからは、自己チュー。
      娘が世話をしてくれる、娘がダメなら、息子、息子がダメなら、
      嫁、嫁がダメなら、自分の姉妹・・・と絶対他人様は嫌という
      態度でした。
      在宅のケアマネさんは、赤の他人がデイや、ショートを勧めるより、
      娘が勧めるのが一番という考えの方でした。
      いやいや、母の場合、外面ヨシコさんですから、
      ケアマネさんのような、権力?を持っている人から話して貰ったほうが、
      素直にきくんです。
      ケアマネさんには頼れないとわかり、それこそ、私が試行錯誤したのが、
      「私はガンで、検査入院するから。」という脅し文句でした。
      あー、それも、一種の騙しかもしれませんね。

      介護する側からすれば、その騙しを支援者がやってくれたらという
      自分自身の逃げなんですけれどね。
      あのとき、骨折してくれたから、病院→老健→特養と、
      ソフトランディング的に施設に入所して貰ったんですよ。
      でなければ、私は、今でも在宅介護やっていたかもしれません。
      このところの、在宅介護が一番という風潮、(国の方針?)を
      なんとかしてと思っています。
    • 7. あんず
    • 2018年12月05日 20:20
    • のえ様、こんばんは。

      こちらこそ、初めまして。
      コメントを頂き、有難うございます。
      母も私も、介護職の皆様に助けて頂いています。
      認知症でなくて、クリアな状態で納得してもらう、
      これがベストなんでしょう。
      母の場合、母、本人のためになったのか・・・と思うと、
      うーん、家がいい、面倒を看て貰うなら、娘と思っていた母には、
      ためになっていなかったかもしれません。
      でも、お世話をして下さる介護士の仕事ぶりを見ると、
      娘だけれど、そこまでしないと思うときがあります。
      とすると、プロにお願いするのが、母のため、というのは正しいと
      思うのです。
    • 8. あんず
    • 2018年12月05日 20:26
    • ももだよりのもも様、こんばんは。

      ここ数日の気温は、師走とは思えませんでしたね。
      父の命日だけは覚えているようです。
      母が骨折したから、施設入所出来たので、そうでなければ、
      私は今でも在宅介護していたでしょう。
      お父様が電話にでなければ、心配ですよね。
      そういう場合でも、警察は動いてくれるんですね。
      マナーモードを入れていただけでよかったですね。
      歯医者さんへ行かれるのですね。お大事にしてください。
    • 9. あんず
    • 2018年12月05日 23:58
    • にゃんズの母 様、こんばんは。

      半ば強制的にとは言え、その時は、やはり、一緒に暮らすことを
      納得されているんですよね。
      それが、時が経つと、忘れるというか、「世界の中心は自分」と
      自己チューで、都合の悪いことは、娘が云々というようになるんですねえ。
      そそ、この先、騙された、となるんですね。
      それが、認知症という病気だともわかり、そうなったのも、
      病気のせいと、私自身がそこに逃げ込む・・・。
      そうしないと、生活出来ません。
      おっしゃる通りです、。
      最後は自分の決断。番組の中でも、
      「母の人生を決めるのは、娘の私」と言っているご家族がいました。
    • 10. あんず
    • 2018年12月06日 10:49
    • 銀子様、こんにちは。

      こちらこそ、初めまして。
      コメントを頂き嬉しいです。
      ずっと読んで下さって感謝です。

      仕事をしながら、介護をする、どんなに大変だったでしょう。
      よく頑張られましたね。
      レビー小体型だと、パーキンソンもあるし、幻聴幻視と、症状も
      アルツハイマー型より、少し激しいですよね。

      頻繁に面会に行く理由、わかって下さる方がいてホッとします。
      友人の中には、そんなに行かなくてもと言ってくれる人がいます。
      でも、無理やり、騙して入所させたという後ろめたさは、いまだに、
      なくなりません。

      「娘さんがよく来ていいわね~。親孝行な娘さんね」
      はい、クリアなミック君のお母さんは、行く度に言います。
      そそ、複雑な気持ちで面会しているのに・・・とほんに、苦笑です。

      私が50歳のときに、母の認知症が発症しました。
      そのときから、数年は、なんでや!、この先の将来は真っ暗だと思いました。
      今は、もう、将来のことは考えず、母が、最期、「よかった。」と
      思えるようにして過ごそうと思っています。
      私の先の将来は、母を見送ってから考えればいいと。
    • 11. たまっちょ
    • 2018年12月06日 14:34
    • あんず様お久しぶりです
      覚えていらっしゃらないかもしれませんが
      かなり前に数回書き込みさせて頂きました。

      あんず様のブログはひっそりと拝見しています。

      テレビの言うことなんか聞き流しても
      いいと思います。
      あんず様は間違ってませんよ。私はあんず様のブログが心の支えや、参考になってますから!!

      全てに言えますが、介護も含めてケースバイケースだから「正解、不正解」なんてないと思います。
      少なくとも我が家は在宅で介護したら
      とっくに殺人事件ですよ。。。(笑)

      申込みから1年4ヶ月待ちで特養に入所できました。
      家から自転車で5分の所です
      入所出来てラッキーだし、施設の方達には感謝しています

      あんず様、寒暖差が激しいですが体調崩さないように。。。


    • 12. あんず
    • 2018年12月07日 23:20
    • たまっちょ 様、こんばんは。

      こちらこそ、ご無沙汰でございます。
      よく覚えています。
      また、コメント頂けること、嬉しいです。
      読んで下さって有難うございます!!

      ときどき、コメント返しに書くことなんですが、
      人生いろいろ、認知症もいろいろ、介護もいろいろ、
      なんですよね。
      「正解、不正解」なんてない。
      頭のなかでは、理解しているつもりなんですが・・・。

      家から自転車で5分の施設。
      ほんに、ご近所なんですね。
      横須賀に引っ越すことを決心し、不動産屋さんと、
      物件廻りをしていたとき、施設まで、歩いて数分という
      のがありました。
      そのとき、あまりに近くて、24時間関わるかもと、
      ぞっとしてしまいました。
      そこで、バスに乗って行くという場所にしました。
      タクシーで(私は自転車に乗れないので)10分のところです。

      たまっちょ様も、ご自愛くださいませ。
    • 13. 二児のパワフルママ
    • 2018年12月11日 00:07
    • >>6
      ごもっともです。
      在宅介護が一番といいながら、
      施設の介護福祉士さんの給与体系の改善。
      在宅介護の要であるケアマネをおいてけぼりで
      在宅介護をしなさいというのはいかがかと。
      ケアマネの質に差が出るのは案外こんなところかもしれません。
      家族や本人の気持ちに寄り添うことよりも、営業よりになるのは、ケアマネ事業だけでは赤字になる仕組みを国が作り上げたからだと、現場では思います。
      しかし、プロならばそれは利用者様や家族には関係ない話。
      もう少しばかり、家族や本人の気持ちを聞きながらバランスをはかっていきたいものです。
      いつも、ブログを拝見して、自分の身の振り方や仕事の立ち振舞いを振り返りしています。
      ありがとうございます。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット