2025年の国際博覧会(万博)の開催が大阪市に
決まったというニュースが流れました。

万博というと、1970年の大阪万博を思い出し
ます。

当時15歳のアタクシは、宝塚市に住んでおり、
実際にも行きました。

2025年となると、アタクシは70歳。
大病をしない限りは、存命していることで
しょう。

今から7年後、となると、ひょっとして、母も
生きているかもしれません。


認知症の母は、「死ぬ」ということを忘れて
いるような気がします。

むしろ、アタクシは、死後はどないなるんや、
とか、現在の意識は臨終のときには、どんな
感じになるんや?と考えてしまうことが多く
なりました。

母も認知症初期の頃は、死への恐怖感があり、
アタクシに言っていました。

死ぬのが怖いから、アナタ、一緒にきてよね。

今は、そういうことを口にしなくなりました。

アタクシが、死後を考えるようなったという
ことは、認知症初期には母と同じようなことを
口走るかもと、ゾッとしますが。


母は直近の記憶がなくなりましたが、現在と
過去の区別は、まだ少しあります。

しかし、認知症が進行すれば、言葉の意味も
わからなくなり、日常のストレスも、もっと
なくなってくるでしょう。

その日、その時、その瞬間を楽しいと思う、
刹那を生きるようになるのかもしれません。

そうなれば、もっと、死は遠いものになるので
しょうね。

認知症になる前に母は言っていました。
延命しなくてもいいから、息が出来ない苦痛と
痛みだけは感じさせないでね。


認知症は神様の贈り物という人もいるようです。

まさか、痛みや苦痛もなくなるのでしょうか。

どうも、事故で死なない限り、脳は、できる
だけ快適な死を迎えようとするようです。

IMG_0299


還暦を越えると、今までやってきた人生よりも
先の人生の方が短いのだとわかりました。

当たり前ですが・・・・。





スポンサードリンク
 
    mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (8)

    • 1. たまのママ
    • 2018年11月26日 11:03
    • あんず様ありがとうございます。
      特養に確認しましたら、オムツだから、ももしきは必要ない。パジャマも必要なし。
      ジャージ上下で、お風呂に入った時に着替える……そうです。
      これから、ユニクロ、シマムラに、買いに行きます。
      捨てなきゃ良かった……。
      介護はお金かかります
      認知症は本人は、幸せだと思います
      本人も、苦しいのでしょうが、何しても、いっても、許される。私は、精神的に壊れる寸前でした。だから、ホームに入所させました。入所させてからも、しばらくは、精神不安定でした。
      入院して、永くないと、わかって、やっと終わりだあ~本音は、嬉しかったです。
      でも、苦しむ父を見るのは、辛かった。早く楽にしてあげたかった。
      けど、寝たきりになった父も可哀想
      けど、まだまだ、続くのですね……。
      ありがとうございます
    • 2. にゃんズの母
    • 2018年11月26日 11:18
    • こんにちは、あんず様。
      死や、死後の世界については、家族を亡くしたものは必ず考えることの一つのように思います。
      9年前に、父と夫を立て続けに亡くしたあたしですが、
      「人の死とは何か」について散々勉強しました。
      わが家は仏教「曹洞宗」です。
      仏教についての本。そして脳科学についての本を借りてきて、没頭していました。
      よく、あちらの世界、とか、来世、とか耳にしますが。
      結局のところは人は現世のみ。今生のみ。の結論に至りました。
      だからこそ、「今を大切に生きる」を実践しています。
      たまには「ボーっと」することもありますが、それも必要なこととしてです。
      人の身体。特に「脳」って不思議ですよね。

      夫は、死を恐れてはいませんでしたが、「苦しむことだけはごめんだ」と、言っていました。
      死の恐怖を感じず、苦しまずに逝けたら幸せなのかもしれません。
      「あの世で会おう」は生きている者たちの亡くなった人たちへの心遣い、そして、自分たちの
      死への恐怖心を無くすための言葉のように思います。
      若くして亡くなった夫が、老婆となったあたしを見つけてくれるのか、疑問ですが(笑)
      あたしも、人生の半分をとうに過ぎています。
      先を考える年代となりました。



    • 3. ももだよりのもも
    • 2018年11月26日 18:50
    • あんず様30日阪急に母とズボンとダウンをかいにいってきます。
      ばばはデーには喜んでいくのですが、波がある認知症で今日は一日中補聴器がピーピーなっていました。やっと補聴器の場所をみつけました。
      人はなくなっても死後はありますよ。
      私は霊感霊聴があって父のおじいさんの励ましの声がよく聞こえていました。
      でも今は修行中みたいでいないみたいです。
      父は父の父と折り合いが悪かったのできたら怒ります。
      私は子供のころから死んだらどうなるのかとか人はなぜいきるのかとか考えている子でした。江原さんの本をたくさん読んで少しだけわかったようなきがします。
    • 4. ももだよりのもも
    • 2018年11月27日 19:30
    • あんず様昨日のNHKでプロフェッショナル仕事の流儀で人口で手や足胸を作ってくれる人が紹介されていて家からも電車一本で通えて右胸作ってもらうことにしました。
      すごく高いのですが、将来温泉にいくこともあるだろうと思って母にだしてもらうことにしました。
      まだいっていませんがね。
    • 5. あんず
    • 2018年11月27日 23:51
    • たまのママ様、こんばんは。

      母が入所したとき、お隣の部屋には、
      寝たきりのお爺さんがいました。

      ナースコールを押せないお爺さん、卓上ベルが置いてあり、
      用事のときは、チン!と押していました。
      その音が聞こえるように、少しドアが開いていたので、
      様子を覗いたことがあります。

      寝間着に丸首のシャツが見えました。
      寝たきりになったら、寝間着かなと思っていました。

      介護はお金がかかる、そうです!!
      偽痛風になる前は、冬の間、ズボン下を履いていました。
      でも、今は、右膝が左に比べて少し太いし、
      痛みがあってズボン下に、ズボンと履かせるより、
      ズボン下なしのほうがよい。
      だとすれば、これからの季節、フリースのズボンを
      買うかなと考えています。
      しまむら、私も行ってみます。
      そそ、介護はトンネルみたいなものですよね。
    • 6. あんず
    • 2018年11月27日 23:52
    • にゃんズの母様、こんばんは。

      「家族を亡くしたものは必ず考えること」
      そうなんですよね。
      私が18歳のときに、父が亡くなりました。
      本来なら、そのときに考えるのでしょうが、
      当時は、父のことをウザイと思っていましたから。
      だんだん、終末に近づきつつあるのだと思うこの頃、
      やっと、「死とは何ぞや」と考えるようになりました。

      実家を断捨離して、片付けたとは言え、
      まだまだ、いならない物は多い。
      突然に、死んでしまったら、片付けどころではないし、
      余計なものもあるよなあ・・・
      母には、指輪にしても、着物にしても、あの世に
      持って行くわけにはいかへんよ、と言って、
      じゃあ、自分はどうだ?と考えてみると、
      持っては行きませんが、片付ける気でいる・・・。

      もっと若い時から考えるべきことを、
      図書館に行って本を読んでみるとします。

      にゃんズの母様は、あの世ではきっと、
      主人様と同じような年齢になり、出会うのではないかなと
      思うのですが。
    • 7. あんず
    • 2018年11月27日 23:58
    • ももだよりのもも様、こんばんは。

      母娘でお買い物、いいですね。楽しんでいらして下さいね。
      母がよく言います。「私だって、愚痴を言いたいこと、あるわよ。」って。
      だから、ばば様もデイへ喜んで行くときもあれば、気分がのらないこともある、
      それが、普通ですものね。
      もも様には、霊感霊聴があるんですね。
      江原さんの本、よく読みました。もう一度、読んでみることにします。
    • 8. あんず
    • 2018年11月28日 01:14
    • ももだよりのもも様、

      ボディ技師と呼ばれている女性ですね。
      素敵な計画です。それに賛同して下さるお母様は
      やはりよき理解者ですね。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット