この頃、みっちゃんさんは、たまに痛いことを
忘れ、立ち上がって動こうとされるんです。
まあ、その動作が痛みがあるにもかかわらず、
早いんです。

ユニットリーダーさんから、言われました。

だんだんと痛みが軽減して、ひょいっと痛みが
ないときに、忘れてしまうようで。

こういうときが、一番危ないんです。
センサー音で、お部屋に駆けつけてみると、
ベットの手すりを使って立ち上がり、歩こう
とされる・・・。


結局、左大腿骨の骨折を忘れ、車椅子である
ことを忘れてしまう。

部屋のベットのすぐ脇には車椅子を置いてある
にもかかわらず・・・。

転倒で、膝を強打し、偽痛風となり、その際の
酷い痛みも今は忘れて、立ち上がってしまい、
瞬間の痛みで、転倒してしまう。


再度、転倒して、次に骨折しても仕方ないこと。

だけどねえ、骨折すれば、病院へ入院となり、
またまた、暴力婆さんと化すだけに、避けとう
ございます。


夜間、20人の入所者に対して、介護職員1名と
いう人手不足に対し、家族としては、何とか
出来ませんか?と問いたくなります。

だからと言って、在宅介護で家族が看ても、
転倒するときは転倒するんです。

事実、アタクシは母と一緒の部屋に寝ていた
にもかかわらず、気がついたのは、母が転んで
しまった後でした。


ネットで見つけました。


人手不足が深刻な介護現場で高齢者や外国人が
活躍する姿が目立っている。
加えて、ロボットの活用で人手不足を補おうと
いう動きも広がる。

(省略)

介護事業者もエンジニアを雇い、ロボットと
人間が共に働くのが当たり前の時代が訪れる
かもしれない。
そんな近未来を感じさせる介護施設がある。

(中略)

転びそうな人を見つけるシステム、腹部に取り
付けて排尿が近いことを知らせる機器、マット
レスの下に敷いて睡眠状況や呼吸、心拍数を
測定できるセンサー……。

施設内で働く複数のロボットがモニター上に
データを表示し、コックピットにいながら、
入居者の様子が把握できる。


[老いをどこで]支える「多様化する担い手」
(下)特養にロボ 職員30人分


YOMIURI ONLINE yomiDr.より


このAI(人工知能)を使って介護をしている
大田区の特養は、母がショートステイをして
いた施設です。

ショートはこの特養の一階にあり、母が利用
していたときは、こういうシステムには、
なっておりませんでした。

ロボットが、転倒しそうになっている入所者を
見付けてくれるのはいいんですが、見付けた
ときに、即、部屋に行ってくれるのは、誰?

その時、キュイーンとロボットが、母を抱き
かかえてくれるのならいいですけれど。


008


AI(人工知能)を利用した大田区の施設。

ショートステイで利用しているとしても、
400~500人待ちで、到底、入所出来る状態では
ありませんでした。

ロボットよりも、6匹のワンコ達が騒々しい、
今の施設の方が、よかったと思っています。


スポンサードリンク
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (6)

    • 1. たまのママ
    • 2018年10月14日 16:33
    • あんず様こんにちわ。
      私は、死ぬ死ぬ詐欺師?よくなってきたと。
      復活ですか?まさか?
      はあ……でも、まだ、わからないぞ
      先週も、よくなって、悪くなった
      グループホームの写真で、可愛い笑顔のがあり、お願いして、取りに行くのよ!
      あの特養には、戻したくないけど、在宅は、無理
      他の特養も、何年待つかわからない。宝くじ当たれば、ホームに戻したい……
      特養に確認したい事があり、電話したのですが、冷たくて、父の為に強くなってやる。
      昼間職員が一人ぢゃ、また、転倒しちゃう。
      ヘルパーには、ミトン壊したのよ~
      ほんとは、始めに買ってもらってるのよ、なら、始めに言ってよ!
      弁償しますから、請求して下さい、新しく父用のミトン買って下さい、
      2枚分、請求して下さい
      今回は、良いけど~また、壊したらね
      って、迷惑かける父が嫌で、言いたかっただけ?
      入院も、疲れます……。
      他の家族も、○○やってもらってないと、ヘルパーに話してました
      ヘルパーは、やってますよ~…
      やってないの、知ってるけど
      なんだか、疲れたので、面会は、日数減らします。
      あんず様、私も、早く進行して、おとなしくなってほしいと、ケアマネに愚痴った事あります……。
      疲れますよね……。
      こっちが、おかしくなります。
      あんず様も、疲れたら、休んで下さい。
      ありがとうございます。
    • 2. にゃんこ
    • 2018年10月15日 12:49
    • あんず様
      はじめてコメントいたします。いつも拝見して勇気をもらいます。あんずさんとほぼ同じ頻度で特養にいる母に会いに行きます。母は病気で性格が変わり暴言がでます。私は行く足が重く施設のスタッフさんから何か言われるのかビクビクしてます。
      こんな生活はいつまで続くのか私が自由になれるのはいつ?と日々嘆いてます。
      ロボットが日常に介護してくれるのなら相手に何を言っても許されるのに。と思いますね。今日も頑張ります
    • 3. あんず
    • 2018年10月16日 02:43
    • たまのママ様、こんばんは。

      このコメントを読んだ友人からラインを貰いました。
      友人の気持ちをどうやって伝えようかと考えました。

      ブログに、たまのママ様のコメントを載せて、
      それに対して、と思いました。
      たまのママ様、友人、お二人の気持ちを思うと、
      コメント欄に書くのがいいと考えました。
      そこで、友人を「まおちゃんのグランマ」として、
      コメントすることにしました。
      後に、入れておきますね。


      ミトン、病院の支給品ではないんですか?
      買うなんて、初めて聞きました。
      ミトンを、上手に外すんですよね。
      それに、拘束バンドもですが、後ろ開きの入院着・・・。
      母の入院生活を思い出すと、ぞっとします。
      このまま、施設で、老衰で、と願っています。
      枯れるが如く、と思うのですが、現実はどうなるのか、
      たまのママ様のコメントを読みながら、
      いずれ、私も経験することなんだと、覚悟させられています。

      付き添うことは、疲れますよね。
      ご自愛くださいね。
    • 4. あんず
    • 2018年10月16日 02:50
    • にゃんこ様、こんばんは。

      こちらこそ、初めまして。ブログをお読みくださり、有難うございます。
      同じ頻度で面会行かれる・・・。実は頻繁過ぎるかと思っていました。
      ちょっと安堵いたしました。
      お母様の性格が変わり、暴言が出る、・・・。
      その辛さ、よくわかります。
      母も認知症初期の頃、「この人は、悪魔だ、母親ではない。」と
      思ったほどでした。
      中期の今は、暴言はないものの、人を思いやるということは全くありません。
      母が入院したときもですが、いちいち、報告するな!という思いでした。
      お互いに頑張りましょう!!
    • 5. まおちゃんのグランマ
    • 2018年10月16日 03:21
    • たまのママ様へ。
      先のコメント返しにも、示しましたように、私(あんず)が代筆?します。

      たまのママさんのコメントを読んで、その辛さ、悲しさに胸がいっぱいになりました。
      亡き父は、病院を2つ転院して、その後、元気を取り戻し、施設に入所しました。
      入所した施設は、息子が勤めているクリニックの院長の紹介でした。
      だから、でしょうか。父へ対処は皆さんと変わりませんが、
      口のきき方は丁寧かなと思いました。
      入所してみて、乱暴な言葉で入所者に対応している声が聞こえてくることもありました。
      父の施設は、介護型のフロアと自立出来ている普通の高齢者が暮らせるフロアに
      分れていました。
      ですから、どちらかが、介護が必要になったご夫婦が二人で入所されていたり、
      私は少し羨ましくもありました。

      父は最初、自立している人が入所するフロアで生活していました。
      しかし、入所後、何度も転び、頭も数回切ったり、大騒動でした。
      そのたびに、駆けつけていました。
      でも、父は痛くないと言っていました。
      きっと、痛みに鈍くなっていたのだと思います。
      しまいには、転んだことも忘れていました。

      たまのママさんのお父様の状態からして、まさに、最終章と思われます。
      良くなったり、また、元の具合の悪さに戻ったり・・・。
      この間隔がだんだんと短くなってきて、とうとう、食事も摂れなくなり、
      そして、最後は水も飲めなくなりました。
      昔、亡き母から聞きました。
      最後が近づくと、なぜか、真っ黒な便が出る。
      体中の毒素が出るかのように、これで終わりというように。
      父も、そのような便をするようになって数日でなくなりました。
      まるで、お知らせのようでした。
    • 6. まおちゃんのグランマ
    • 2018年10月16日 03:38
    • (↑の続きです。)
      たまのママさんのコメントは、私が経験した気持ちが多くて、
      読んでいて、本当に胸が痛くなりました。
      介護の苦労がにじみ出ていて、可哀想で仕方ありません。
      勿論、介護をされている他の皆さんのご苦労も同じですが・・・。

      もう、間もなくですよ!すべてに終止符が打たれるのは。
      でも、介護が終わって、落ち着くと、これもまた、悲しい。
      ただ、一つ言えるのは、今は出来るだけ、気持ちの面でも
      お父様に寄り添ったほうが、亡くなってから、自分がすくわれるということ。

      病院で嫌味を言われても、口ではスミマセンと丁寧に頭を下げながら、
      腹の中では、「それが仕事でしょ!」と開き直っていたことを思い出しました。

      親が最期になったときに、自分のかけた言葉や態度が、ずっと、
      自分を苦しめたり、救ったりするものだと今は、実感しています。
      最後を迎えるのではないかと思う、たまのママさんのパニック的な気持ちが
      とても、可哀想で・・・。
      思わず、ラインしました。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット