一昨日から、食事はベットではなく、車椅子で
リビングで頂くようになりました。

それまでは、パジャマだったのですが、
ちゃんと着替えていました。


今日は、夕食まで母の部屋におりました。

テレビの報道番組を見ながら、話をしました。

母は噛み合っていると思っているでしょうが、
アタクシには、会話が成り立っていない感じ。

帰っても、直近の記憶がない母にとっては、
すぐに忘れてしまうでしょうが、じゃあねと
帰るアタクシには、後ろめたさが残る。

だったら、食事をリビングでとるので、その後
そっと出て行けばいいっか。


そこで、ベットから車椅子へどうやって移乗
するのかを見ることにしました。


脱いでいたズボンをベットの上で自分で履き、
全部をあげられずのまま、ポータブルトイレへ
いざって、座る。

ポータブルトイレの手すりと車椅子の手すりを
しっかり掴み、痛む右足を庇いつつ、車椅子へ。

そのわずかな間に、スタッフさんがズボンを
上まであげて、母が座る。

さすがは、介護職だけあって、上手に履かせて
くれました。


車椅子のまま、テーブルへ。

食事を見て、母が言いました。

ねえ、アナタもここで、半分、食べて。

わかったから、先に食べてや。
部屋を片付けてくるから。


母は了解して、テーブルに向かうとその瞬間に
アタクシを忘れてしまいました。

ま、それを狙ってますので、構わないんです。

スタッフさんもわかっていますので、目配せで
アタクシを見送ってくれました。

025


まあ、美味しそうね。アタシ、幸せだわぁ。

ユニットの入り口で、母が大きな声で言って
いるのが、聞こえました。

おっかさん、よかったねえ。幸せで・・・


スポンサードリンク
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (4)

    • 1. たまのママ
    • 2018年10月07日 18:40
    • あんず様こんばんわ。
      心配して頂きありがとうございます。前回の面会の時は顔色も、良く、熱も、なく、復活か?と思いましたが、今日、洗濯物届けた時は、また、熱があり、顔色も、良くありませんでした感染症の数値も、下がらず……もう、頑張らなくて良いからね~と、耳元でささやいて来ました
      友人のお母様が、アルツの初期と診断されて、薬の事を調べ、飲ますか悩み、私の経験を聞かれました。私は今思うと、薬はあんなに必要なかったかな……暴言も、薬では、収まらなかった、とは言えないので、先生によるかなと……父の先生は、薬出す先生で、こんなに飲ませたら、他の病気になるわ~と在宅最後の方は、真面目に飲ませませんでした。 
      父は、物とられ妄想が始まってからの、投薬でしたから、初期なら、どうなのかな……。
      先生は認知症の本も出してますが
      薬、薬だったなあ……(笑)
      薬剤師に、来る度に薬が増えルなあ~と話したら、あの先生はそうなのよ……

      今さら……(笑)
       あんず様が私の話しを聞いて下さるように、友人の話しは聞くからね……と
      回診時間前に行きますが、1時間とか、待つので、認知症の薬の事を調べてます。
      今さらですが、あの投薬で良かったのかな……と
      今さら……です(笑)
      あんず様、無理しないでお過ごし下さい。 食欲があることは良い事ですね!父も、熱があるのに、食欲はあるそうです。
    • 2. ももだよりのもも
    • 2018年10月07日 19:16
    • あんず様お母さま食事が進んでいいですね。ばばもとんかつだったのでとんかつたくさんたべてました。ちょっとリハパンがぬれるとすぐ帰るので困ったばばです。
      昼寝すると朝ごはんかっていいます。夜ごはんまでまってってねといいます。
      父が祖母の部屋と祖母がつかうトイレにきんもくせいをおいて炭もおいています。
      きんもくせいはにおいがきついですね。父にいったら怒るのでほってあります。
    • 3. あんず
    • 2018年10月07日 22:42
    • たまのママ様、こんばんは。

      熱が下がらないのは、心配ですね。
      私も思うのは、最期の最後は、苦しまないで
      穏やかであって欲しいことです。

      認知症の薬は、適応して大人しくなるケースと、効かないのと、
      其々のようですね。
      母の場合も、お父様と同じ、物盗られ妄想が始まり、人格が変わってから
      投薬するかどうかでした。
      神経内科の先生からは、服薬することをすすめられました。
      しかし、いつも診て下さる先生が、投薬をしないという方針でした。
      私が一番困ること、当時は、夜、寝ないということだったので、
      睡眠導入剤の強化(服用容量ギリギリ飲ませてもよい)で
      認知症用の薬は回避しました。
      副作用もそれぞれですからね。
      試しに飲んでもらい、飲ませない方がいいとわかれば、
      止めるのもありかなと・・・。
      そう言う点では、母の日頃をよく知る医師がそばにいたこと、
      ラッキーでした。
    • 4. あんず
    • 2018年10月08日 00:05
    • ももだよりのもも様、こんばんは。
      施設の母の部屋には、ポータブルトイレがあります。
      今までは、昼間はリビングにいたので、使うのは夜間だけ。
      ところが、1ヶ月もずっといると、トイレのニオイが・・・
      施設側から小林製薬の「トイレの消臭剤」を置いてくれて、
      トイレのニオイが消えていました。
      トイレの芳香剤は好きではなかったのですが、
      ちょっと見直しました。
      金木犀は、外で香るからいいんですが、
      狭い室内はキツイかもですね。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット