ごきげんよう!

母の施設(特別養護老人ホーム)の集団リハ
ビリで、流行っているというか、使われている
というか。


アタシはどうしていいか、わからないのよ。

集団リハビリにアタクシが連れ出す際、この
ように言って、行くのを渋ります。

一緒に、行くから、そこに座っているだけで
ええから。

と、無理やり連れ出すのです。

他のユニットの入所者さん達と話はしないに
しても、いつも見知っている中にいるより、
刺激があるのではないかと。

しかし、認知症中期である母には集中力が
だんだんとなくなりつつあります。

嫌になると、母は申します。

アタシ、トイレへ行きたい!!


時計を見ると、20分はやっておりました。

それでは、ユニットへ戻ろうと、まだ、やって
おられる方々に向かって、母が言いました。

ごきげんよう~

さよなら、でもなく、その場から去るには、
適した言葉だと存じます。


この頃では、作業療養士さんを始め、集まって
くる皆さんも、言うようになりました。

それも、それぞれ、ちょっと、気取って・・・。

それでは、皆様、ごきげんよう。

010

今日は、乳癌の手術をした友人のお見舞いに
行ってきました。

どうも、1年前くらいから、変だというものが
あったのだそうです。

そこで、意を決して、検査をしたところ、
早期の癌であることがわかりました。

脇のリンパは3つ取ったのだそうです。


そういう彼女の顔は、癌宣告後のやつれ果てた
状態ではなく、憑き物が落ちたようなすっきり
としていました。

あんずさん、何でも早く検査した方がいい、
よくわかったわ。
貴女も、気を付けてね。



スポンサードリンク
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. キンタロ
    • 2018年08月25日 20:18
    • あんず様 こんばんは☆

      『ごきげんよう』
      は、少女漫画の世界の会話だと思っておりました。
      長じて男女共学公立高校に進学した私は、ターミナル駅にて近隣のいわゆるお嬢様校の方々がリアルに「ごきげんよう」と別れてゆく様に驚きました。
      育ちの違いをまざまざと(笑)

      あんず様も由緒正しきお嬢様とお見受けしておりますが✨

      認知症でも、お母様は洒落ていらっしゃいますね。
      母は時折乱暴な言葉使いをします。
      何だかガッカリです。
      立つ鳥跡を濁さないでもらいたいものです。
      まだまだ立つ気配はありませんけれど(´ー`)
    • 2. あんず
    • 2018年08月26日 12:57
    • キンタロ様、こんにちは。

      大正生まれの母達は、丁寧語を上手に使いますね。
      「恐れ入ます。」とか、「ごめんあそばせ」とか。

      私は小学校は公立、中学から最後まで女子校でした。
      ターミナルなどで、お互いに「ごきげんよう~」と言っているのは、
      わざとが多いと思います。
      その裏表の凄いこと!
      これが、女子か?と思うことを授業中にやったり、
      男性教師をからかったり、やりたい放題でしたよ。
      でもでも、いったん、校門から出ると豹変する、しかし、
      人混みでは、またまた、豹変・・・。

      認知症初期の頃、骨折で入院して、思い通りにならなかったとき、
      言葉づかいをどうのこうのという母も、乱暴な言動でした。
      理性という蓋をしているんだとわかりました。

      母もまだまだ、立つ気配なしです(笑
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット