母の施設(特別養護老人ホーム)では、毎週、
火曜日に喫茶店と称して、1階のホールを使い、
入所者さんに紅茶、コーヒーをお出しています。

ヤクルト、パン、お菓子、業者の方々が来て
売ってもいます。

そこで、ボランティアの空きがあると聞き、
どうせ、午後3時半には、母の面会があるので
お手伝いしています。


入所者さんが1階まで来るという行為はチョイ
厳しゅうございます。

まず、ご自分で歩けても、スタッフさんが一緒
でないといらっしゃいません。

車椅子の方々も同じく。
車椅子を押しつつ、歩行する入所者さんと手を
つないでおいでになります。

ボランティアの皆さんに人気だったのは、
いつも、ニコニコと笑っていたヨシコさん。

ヨシコさん!と声をかけると、笑い返してくれ、
その笑顔が素敵でした。


或る時、ヨシコさんと一緒に来たスタッフさん
から言われました。

ここに、ヨシコさんがお見えになっても、席を
勧めないでくださいね。

そして、パンを召し上がっているときは声を
かけないで下さい。

この頃、声をかけるタイミングが悪いと食べる
ことを忘れてしまうので。


今までは、飲んでいるときでも、ヨシコさん!
と声をかけるとニッコリと笑ってくれました。

確かに、最近は表情がなくなっていましたので、
どうしたのかとボランティア仲間では話して
いました。

そう、ヨシコさんも階段を数段下りてしまった
んですね。


ヨシコさん、またね。来週、お会いしましょうね。

アタクシは、スタッフさんと一緒に席を立った
ヨシコさんに声をかけました。

すると、突然、パァッ!と表情が明るくなり、
アタクシに、嬉しそうに笑いかけてくれました。

何かが、ヨシコさんの琴線に触れたようでした。

ヨシコさんの記憶のなかにある、誰かと見間違
えたかな。

001

ココちゃんのお母さんは、認知症の末期に近く、
常に、指をギュッと握っています。

ときどき、スタッフさんが手を拡げてたり、の
マッサージをしています。

ココちゃんは全く、お母さんに寄りつかなく
なりました。


それに比べると、母の症状の進行は緩やか。

昨日も、ワンコの散歩を終えてユニットの
入り口を閉めようとしたとき、会話が聞こえ
ました。

迎えは、明日、来るのよね?

そうですよ、明日、来られますからね。



スポンサードリンク
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメント一覧

    • 1. いちろく
    • 2018年07月27日 18:06
    • あんずさまm(_ _)m。
      こんにちは。
      きれいなお花ですね(^^)。
      ヨシコさんもこの花のような笑顔だったのかしら、と思いました。

      さて、母はアルツハイマーが進んでいる、と診断されました。
      それでも、食欲もあり、会話もわかっているような時もあり表情も柔和でした。
      孫娘と話したことが嬉しかったようです。
      車イスの母は、会話の際見上げなくてはならず声も遠く感じるようですが、孫は、膝をついて母の目線で会話をします。
      それが何より良かったようでした。

      本日は涼しい一日でしたね。
      週末の雨が心配ではありますが、こんな日が一日でもあると楽ですね。
      あんずさまも、お身体御大切になさってください。いつもブログを楽しみにいたしております(^^)。
      そして、素敵なお写真に癒されます。
    • 2. はるる♪
    • 2018年07月27日 18:31
    • あんず様、ご無沙汰しています。
      とりあえずの報告です!
      母が今日から2泊のショートステイに行きました!
      また、落ち着いたらことの顛末書きますね〜
    • 3. ももだよりのもも
    • 2018年07月27日 19:32
    • あんず様私しんどくてしんどくて寝てばかりいました。
      ばばもデーから帰ってしんどいといっていました。
      きれいなお花ですね。
      お母さまは大声で元気があっていいですね。
      ばばは私が入れてるリハパンを出すわ、行くとき着替え3回するわでわけがわからなくなっています。暑いので編み物も休んでいます。
      来週は心療内科なのにいけなくなりそうです。これで3回目です。母にいってもらっていますが先生もあきれるでしょうね。
    • 4. はるはる
    • 2018年07月27日 21:00
    • あんず様、こんにちは。
      今年の夏は、何なんでしょうね〜。
      こんな暑い夏は早く終わって欲しいです。

      面会は、バスや電車を乗り継いで行くので、この時季私もポカリを携え夕方に行きます。黄昏れ症候群になる前に‥‥と言われますが、そんな事、いちいち気にしてられません!こちらが熱中症になりますからね。

      お母様の施設は、色々な取り組みがあるんですね。外部からの出品⁈なんて、入居者さんにとっては楽しいでしょうね。ボランティア、ご苦労様です!入居者さんによっては対応が難しいですよね、私もそういう場面に直面した時どこまで手を貸して良いのか迷いました。

      先のブログで紹介されていた運針ですが、何かキットがあるのでしょうか??図案が下書きされているように見えますが。それにしても、この方はお上手ですね!昔の方は、こういう手作業に慣れているのかしら??
    • 5. きょんちやん
    • 2018年07月29日 08:39
    • 今日は🌻昨日母の誕生日でした。特養ホームに行ってきました。一昨日トイレの便座から車イスに移る時、ストッパーをかけ忘れたためうまくいかずお尻を打ってしまったようです。介護士さんに介助お願いするのを嫌がるので困ってしまいます。ストッパーを掛けるのを忘れない事と言ってきましたが心配です。94歳 自分の事は自分でやるのかんがえを変えてほしいです。相談員さんにお話しして見ます。😺
    • 6. あんず
    • 2018年07月31日 11:26
    • いちろく様、こんにちは。
      台風の前は涼しかったのに、また、暑い日になっています。
      こうも暑いと・・・、外に出る気もなく、ハローワークも遠くなっています。
      母達は、涼しい施設にいる、それだけでも、安心ですね。

      ヨシコさんの笑顔は、うーん、お花というより、加賀の手毬のような、
      可愛らしいというか。
      母にはそうなって欲しいと思うのですが、
      まだまだ、負けん気も健在、どちらかというとイジワル婆さん。

      お孫様は、エマニチュードの精神で接しておられ、えらいですね。
      ちゃんと、どうすればよいかを理解されている、素晴らしいです。
      用件というか、顔見た、さあ、帰ろう!という鬼娘とは違い、
      優しさが溢れてますね。

      写真をお褒め頂き有難うございます。
      施設への行き帰りに撮っています。

      せっかく、涼しくなったのに・・・
      お互いに熱中症にならないように致しましょう。
    • 7. あんず
    • 2018年07月31日 11:34
    • はるる♪様、こんにちは。

      こちらこそ、
      はるる♪母様の初ショート!!
      おめでとうございます。
      はるる♪様の奮闘があったからこそです。

      お盆の期間は、家族の希望が殺到しますからね、
      難しいですよね。

      母もよく、亡くなった伯母と会話をしていました(笑。
      天井を指差して、「あっ、お母さん!」と言ったり・・・。
      その相手は大変ですが、そうなったほうが、はるる♪様にはいいのでは。

      先週の週末、西宮北口でクラス会があり、行ってきました。
      台風を呼び込んだ私でしたよ。
      帰りの新幹線は、ギリギリで、静岡地区を通過。
      時刻通りに帰宅出来ました。

      関西は体温越えが続く暑さですね。
      お気をつけて。
    • 8. あんず
    • 2018年07月31日 11:39
    • ももだよりのもも様、こんにちは。

      先週金曜日と土曜日、1泊で京都、大阪へ行ってきました。
      うつ病で15年間会えなかった京都在住の友人と久しぶりに会いました。
      元気は元気なんですが、物凄い、薬の量でした。
      もも様もそんな感じでお薬を飲まれているんだなと思いました。
      動けなくて当たりまえです。涼しくなってから通院しましょ。
      暑いですからね、熱中症にならないようにお過ごしくださいね。
      ばば様もお好きなように過ごして頂き、暑い夏を越えてくださいね。
    • 9. あんず
    • 2018年07月31日 11:50
    • はるはる様、こんにちは。

      台風前に涼しくなって、ホッとしたのも束の間、
      また、猛暑ですね。
      そそ、夕方近くに行っても、暑いですよね。

      作業療養士さんが、こまめな方です。
      それに、お一人、率先して、あれがやりたい、これはどう?と
      言う入所者さんがおられるので、作業量子さんが引きずられている(笑。

      「うちは、予算が少ないですからねえ」と言いつつも
      希望をかなえています。

      運針のキッドはなく、晒しを一反購入して、二つ折りに切って、
      そこに、図案を移しています。
      その作業は、作業療養士さんが準備されています。

      そうなんです。図案が紫色で写されているので、
      母はその上を縫うだけなんです。
      図案を写すのはどんなものか聞いておきますね。
    • 10. あんず
    • 2018年07月31日 11:59
    • きょんちやん様、こんにちは。
      お母様のお誕生日、おめでとうございます!
      94歳になられたんですね。母も11月に94歳になります。お互い頑固婆ですよね。
      そそ、介護士さんを頼らないは、プライドがあるからなんですよねえ。
      同じようなケース、「トイレの便座から車イスに移る時」、そこで、尻もちをつくこと。
      これが危ないんですよ。
      介護友のお茶っ子様のお母様が、「ポータブルトイレの便座からベットに移る時」に
      お尻を打ち、打ち所が悪かったのか、首の骨が骨折していたそうです。
      それで、亡くなられました。母には、何回も何回もその話をして、自分で出来ない、
      助けて貰うところは、お願いすること!と言いました。
      まあ、忘れてしまったことでしょうけれど。私自身が嫌になるほど、介助をして貰ってと母に言い聞かせていました。
      暑い日が続きます。お互いにご自愛しましょうね。
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット