大型連休中の今、テレビを付ければ、渡航する
人数がどうとか、連休後半で、高速道路の上り
の渋滞がどのくらいとか、アタクシには関係
ないのにと思うのでございます。

いつものように、一日置きに母の施設(特別
養護老人ホーム)へと面会に行くだけ。

連休ともなると、さすがに家族が面会に来る
人数が、普段の休日よりも増えております。

そうなると、鬼娘のアタクシでも、心がチクチク、
“ママがかわいそう”な気分に陥るのです。

ユニットに普段見ないご家族がやって来ている、
うちの娘は何をしているのっ!と腹立たしく
感じているのではないかと心配になるのです。


そういうとき、在宅介護を放棄し、施設入所を
選んだのだから、それは、覚悟の上だったはず。


先日、管理栄養士のスタッフさんと話す機会が
ありました。

その日は、週に一度、入所者さんに喫茶店の
ようにコーヒー、カフェラテ、カプチーノ、
紅茶などを振る舞うイベントでした。

施設のスタッフのほか、ボランティアの方が
来て下さって午後2時から開催するのです。

ボランティアに欠員が出たので、買って出る
ことにしました。

どっちみち、その日は午後3時過ぎに面会に
来ているので、少し早めに来ればいいことです
ので。


ここの施設は、開所して4年になりますけれど、
一度も面会に来ないご家族もいるんですよ。

逆に、朝、顔を見に来て、また、夜に寄って
帰るご家族もいるんです。


その言葉を聞きながら、一度も来なくても、
毎日面会に来ようと、施設入所させてしまった
ことには違いはないし、同じ立場。

要は、どうすれば、自分の気が済むか、だけ
なんですよね。

013


この頃の母は、アタクシが視野から消えると
面会に来たことを忘れてしまいます。

帰るときは、それを利用しています。

一度、母の部屋に戻り、しばらくしてから、
スタッフさんに目配せをしてユニットを出て
います。

一昨日も、帰ろうと母の部屋を出ると母の
大きな声がしました。

ここではね、兄弟姉妹のようなものなんだから、
助け合わないとね。

おっかさん、なんちゅう、まともなご意見で
ございますこと。

アタクシが気に病むこともないか・・・
母は、それなりにその場に馴染んでもいる・・・




スポンサードリンク
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメント一覧

    • 1. はる
    • 2018年05月06日 07:03
    • おはようございます。
      気が済むために行く。在宅介護でも同じだと思います。
      気が済むために覗くのですから。
      たまたま覗いたら必要としていたり、
      そんな時はホッとすることも有りますが、
      殆どオムツ替えの時と食事の時しか覗きません。

      毎週お墓参りに行きます。
      近所ですから、母が亡くなる数年前からかれこれ10年近くになりますが手を合わせて
      穏やかにお迎えをお願いしています。
      父の兄弟のお墓にも手を合わせます。
      父は私がお墓に行くときいつも
      早くお迎えが来るように頼んで来てくれと言います。
      そうするねと私も頷き出掛けます。
      ところが先週高熱が出てしまいました。3年前の在宅介護になり2度目の高熱です。
      お墓にお迎えを頼んで手を合わせておきながら
      やはり原因不明の高熱に焦りました。
      熱のせいで起き上がれなくなり食事もとれなくなります。
      救いなのは?本人は痛くも痒くもないという。
      熱が2日続いて往診に来てもらい何とか熱が下がりましたが、
      気持ちの整理?ってついてるようでまだまだ準備はできていないものですね。
      介護は施設でも自宅でも気の済む方法ってあるのでしょうか。
      介護される側より介護する側の満足するやり方ってあるのでしょうか。
      今の生活パターンから抜け出したいのに、いざパターンが狂うと大変焦る自分がいました。
      一体どうしたら良いのか?どうしたいのか?自分でも分かりません。

      とりとめのないコメントになりましたがすみません。

      答えがないから時々苦しくなってしまったり、
      そうかと思えば満足してしていたり。

      話は反れますが、いつも思うのは
      あんず様のお母さまのいらっしゃる施設は温かく素敵なところですね。
      介護する側される側幸せだと思います。
    • 2. ももだよりのもも
    • 2018年05月06日 19:01
    • あんず様毛糸は純毛でないとアクリルが入ると編めませんね。だからばばのサブトンは純毛を買っています。私はカフェインのものを飲めないのでそうけんびちゃをかって飲んでいます。
      お母様もいる施設は暖かいところですね、働いている人も温かいしね。、
      いいところをみつけましたね。昨日ばばと秘密の話をしました。
      ここにはかけないのでぶログで読んでくださいね。
    • 3. あんず
    • 2018年05月08日 01:15
    • はる様、こんばんは。

      在宅介護も一緒とのことに、安堵感を覚えます。
      在宅の頃は、いつも気にしていました。
      母がうるさかったからかもしれません。なんせ、30分覗かないと、
      「病人を放っておくなんて!」と烈火の如く怒ってましたから。
      そのくせ、認知症だと言うと、これまた、目を吊り上げてましたもの。

      毎週のお墓参り、ご先祖様達も喜んでおられるでしょう。
      私は・・・、ありゃ、昨年の父の命日である12月から行っていない・・・。
      お仏壇も兄のマンションへ持って行ってしまいましたから、
      今は、「早くお迎えを」と手を合わせるところなしです。

      原因不明の熱にアタフタする、それ、よくわかります。
      施設から熱を出したと電話を貰うと、まず、聞くことは食欲のこと。
      おっしゃる通り、今の生活が変化することが怖くなります。
      今日、ハローワークへ行き、応募するつもりですが、
      そういうときって、仕事を始めたとたんに、母に何かあったら・・・
      と、いざとなると、自分のことしか考えていない・・・。
      でも、それが現実ですものね。

      施設のクリアな婆様にとっては、施設はイマイチのようです。
      認知症とは、すぐに忘れる、何かがあっても覚えていない。
      それもまた、幸せな一つですね。
    • 4. あんず
    • 2018年05月08日 01:41
    • ももだよりのもも様、こんばんは。
      ばば様のピンクのフリルの座布団は、素敵です。編み目が正確で、まさか、98歳の方が編んだとは思えません。
      純毛でないと編めないとは知りませんでした。
      その上、愚痴だから放っておいてとご自身が言うなんて、ちゃんとわかっておられるものも凄い。
      痛みがあるんですね。痛み止めを飲むほどなのに、ばば様のお世話、ご両親ことをする、
      もも様はえらい!!ファイト!!
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット